カテゴリー「旅行・地域」の記事

2012年3月26日 (月)

新和食 元永(福岡市中央区)

Rimg0386c

 九州旅行の最終日、由布院ICを予定通り11時少し前に入って博多を目指します。向かうは、この旅唯一の昼食を予約したお店、博多の「新和食 元永」さんです。確か、まだオープンして九ヶ月のお店です。
 そんなお店を見つけたのは、ご存知「食べログ」です。帰りの「のぞみ」を15:30発に決めた後、高速の渋滞もあるやも知れず?博多に早めに戻って(13時頃)、美味しいお昼をいただいて、ゆったりと帰ろうというのが狙いです。
 それでも、雑誌にも載ってしない(取材はまだ一度もないそうです)このお店にビビッときたのは、これまでの方の「口コミ」の記事や写真がとても美味しそうだったからです。何となく「ここだっ!」と直感したら、行かずにはいられなくなるのがS田のおバカなところです。(汗)

 九州自動車道&福岡都市高速は渋滞も無くスムーズで、プリウスのナビにしたがって天神北ICで降り、天神の繁華街で右折して、お店を目指します。ナビの電話帳検索ではヒットしませんでしたので(新店の為?)、住所を入れたので道路が狭くなったあたりで誘導を打ち切られました。(汗)適当に近くのコインパーキングに駐車して、お店を目指しました。

 ちなみに、写真はお昼の「Mizu(ミズ)コース」2,800円の最初のお料理、「二十種類の素材を使った野菜の炊き合わせや旬の前菜」です。既に手前の数種類はお腹の中に消えております。炊き合わせは、素材の味と色を生かしながらも、微妙に下味がついています。真ん中左あたりは、子持ちのイカ。奥は出汁巻き卵です。さて、掛かっている黒いのは何でしょう?

続きを読む "新和食 元永(福岡市中央区)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

御宿 なか屋(由布院温泉)

Gaikan

 九州旅行三泊目のお宿は、由布院温泉の「御宿 なか屋」さんです。由布院御三家とかは予算的に絶対無理ですので、狙うのは御値打ちで良い宿です。なかなか簡単には見つかりませんが、探せばあるもんだと思います。今回の旅行の帰りの新幹線で同行者に尋ねたところ、全員が「三軒のお宿が、全部良かった!」と言ってくれました。この言葉を聞けて「S田旅行社」として頑張った甲斐があったと云うもんです。(嬉泣)
 女性陣の強い希望で「絶対!由布院中心地の宿」を厳命されてましたので、苦労しました。ここを見つけたのは、壁湯温泉の「旅館 福元屋」のリンクページからでした。なぜか?直感的に「ここは良さそうだ!」と感じました。そして、結果はビンゴ!!添乗員冥利につきます。(笑)

続きを読む "御宿 なか屋(由布院温泉)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

御客屋旅館(黒川温泉)

Main_img

 九州旅行の二泊目は、人気の黒川温泉の一番の老舗「御客屋旅館」にしました。黒川では、他にも泊まってみたいお宿はあったのですが、空いている部屋が高価い部屋のみだったり、お宿全体が予算に合わない高級すぎたり(S田にとって)で、選択肢は少なかったんです。(計画スタートが遅すぎ!)
 そんな中で、黒川の中心エリアにある「御客屋旅館」に決めたのは、その立地の良さと温泉と食事のバランスが、一番自分達向きかなぁ?と思って選びました。
 お願いしたプランは、「【特典付】☆御客屋会席『壱の膳』グループプラン」です。4名~7名のグループ向けで、「広めの和室」(実際は12.5畳+広縁)、食事は小食向けの「壱の膳」で食事処利用、御客屋オリジナル芋焼酎ボトル1本プレゼントの特典(四合瓶でした)というものです。泊まった日は日曜日でしたが、飛び石連休中で平日扱いの料金は選べませんでした。(このあたりも強気?)

続きを読む "御客屋旅館(黒川温泉)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

旅荘 小松別荘(筋湯温泉)

Rimg0328c_3

 嫁の兄妹達との九州旅行一泊目の宿は、筋湯温泉の「旅荘 小松別荘」です。さらに、S田としては贅沢して一棟しかない「離れ 雪竹庵」を奮発!しました。と言っても、四名以上ならリーズナブルだし、土曜日でも平日と同料金なので、余計お得に感じます。(笑)

 この「雪竹庵」、メチャ広いんです。長大!(長辺は4人で座れます)な掘りごたつ式大テーブルのある居間、ツインベッドが余裕の寝室、そして和室、階段を上がるとロフト風和室があります。それに写真のような半露天な檜風呂(勿論、源泉掛け流し!)がありまして、いつでも好きな時に入れます。このお風呂がまた広くて、贅沢気分を満喫出来ます。更に、一階の部屋は全室、温泉で床暖房してます!参りました。(汗)

続きを読む "旅荘 小松別荘(筋湯温泉)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

旅行の計画(九州)

 何年か前から、嫁の兄妹(夫婦)達と「九州旅行」へ行けたらイイネ!?なんて話が出ていたんです。今年の正月に集まった時にも、少々ですがその話題で盛り上がりました。でも、「実現は、いつのことやら?」と思っていたんです。

 しかし、何をとち狂ったのか?2月になったら、何だか良くわからないキッカケで、「3月実施決行!」が突然決まってしまったのです。(ナンデダロー??)そうなると、なぜか?旅行のプラン作りは、自動的にS田のところへ、お鉢が回ってきてしまいます。(コレマタ、ナンデダロー??)

 旅程は三泊(うち二泊は、湯布院&黒川)、新幹線(飛行機はキライだそう)、博多からはレンタカー、という大筋は女性陣からの”絶対命令!”がありまして、考えなくてイイから楽だけど、制約になるって面では辛い!のです。(汗)
 それに、湯布院&黒川温泉って言えば、人気の温泉地ですから人気のお宿は早々に満室ってこともあるし…。今回のメンバーは、アラカン(アラウンド還暦)の5人連れってことは…、部屋とかレンタカーとか、イロイロ考慮しないといけないんだなぁ。ああぁ、面倒。

続きを読む "旅行の計画(九州)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

浜名湖立体花博(浜松モザイカルチャー世界博2009)

Rimg0738c 「はままつフラワーパーク」で開催されている浜名湖立体花博に、遅ればせながら先日の日曜日に行ってきました。今度の連休が最終日(11╱23)なのでギリギリです。前売り券を買わされていたのを思い出しまして(汗)、嫁と嫁の妹と私の3人で出かけました。

 モザイカルチャーって何?って言いますと、乱暴に言ってしまえば植物で2Dや3Dの作品を作るって事でしょうか。「絵画や彫刻」と「造園や園芸」との融合だそうです。

 例を上げると、この「赤富士」という作品です。植物の色や形を生かして、こんな作品が出来ておりました。

続きを読む "浜名湖立体花博(浜松モザイカルチャー世界博2009)"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

韓国旅行(まとめ編)

Rimg0405c 今回の韓国行きは、30年(以上?)振りの2回目という、言ってみれば前回の情報など全く参考にならないって状態で浦島太郎みたいなもんです。(汗)

 昔、行った時はまだ戒厳令が発令されていた訳で、深夜の外出は禁じられていたんです。それを思いますと、現在の韓国が不景気だと言われているのが、俄かには信じ難い強力なパワーを感じさせられました。少し前はもっと凄かったかも?ですが…。

 それにしても、クルマの多い事!ソウル周辺の都市圏に国民の半分が集中して暮らしているそうですから、無理も無いのかもしれませんね。

続きを読む "韓国旅行(まとめ編)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

韓国旅行(4)

Rimg0475c 三日目(最終日)もやや疲れ気味ですが、一応元気に朝食をいただいた後、荷物をパッキングしてクロークに預けます。ホテルでの最終集合時間は14時半です。

 同室の某氏は、疲れ気味ということでホテル周辺のみをぶらっとするという事になって、S田のみこの韓国旅行で見に行きたかったLeeum美術館(サムソン美術館)へ一人でぶらっと訪問です。
 Leeum美術館は三星(サムソン)グループが2004年10月にオープンさせた私設美術館です。国宝レベルの古美術(磁器がスゴイ!)から韓国はもとより世界中から集めた現代美術まで所蔵品は15,000点を超えるそうです。
 それと、建物もスイス・フランス・オランダの三人の著名な建築家が設計した三棟が見事なコラボレーションを見せてくれるのも大きな見どころです。

 このLeeum美術館には、地下鉄2号線‐3号線‐6号線と乗り継いで漢江鎮駅が最寄り駅となります。写真は漢江鎮駅の1番出口手前の、美術館を案内する最初のポストです。

続きを読む "韓国旅行(4)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

韓国旅行(3)

Rimg0428c ホテルへ戻る途中、少しでも涼しいところをと思ってロッテデパートの地下通路を通ったのですが、前から来た韓国人のおっちゃんが親しげに声を掛けてきたのです。
 「昨日の運転手です。今から南大門市場へ行くのですが一緒に行きませんか?キムチや海苔も安いし、完璧!な偽物もあります。」と言われたんです。でも、昨日のバスの運転手こんな齢いってたかな?顔もこんなだったかな?(正面からじっくり見てないし…)
 基本的にこの種のお誘いに興味がないので「ホテルで友達が待っているし、次の予定もあるので。」と断ると、「どうして?一緒に行きましょう。」としつこいわけです。これは怪しいと気づいた私。その顔色を見たおっちゃんは「お○な紹介…」ときましたヨ。やっぱりね。昼酒で判断能力の落ちてる日本のおじさん相手のキャッチですね。S田も間抜けた顔していたんでしょう。(汗)

 後で現地ガイドさんに報告したら、最近ロッテホテル内でのこういう新手の客引き多いようです。「昨日の運転手」っていうのがミソかもしれません。運転手は前を向いていて顔を合わす事なんてありませんからね。

 先程、明洞で助けてくれたボランティアのおばちゃん達みたいな方も居れば、こういう日本人をカモにしてやろうと狙っている商魂逞しいおっちゃんもおるわけです。勉強になります。

 写真は、ホテルの部屋です。角部屋で二方向に窓があって、とても明るい部屋でした。窓から見える隣のビルも写真で見える印象より遠くなので、圧迫感もありません。部屋に帰ってシャワーを浴びて夕方からの出陣に備えます。

続きを読む "韓国旅行(3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

韓国旅行(2)

Rimg0459c 前夜、相当に韓国のいろんな御酒を多め?にいただいてしまったのですが、二日酔いの気配も無くて快調な目覚めでした。(汗)

 今回の宿は、「THE WESTIN CHOSUN (ウェスティン朝鮮ホテル)」でした。結構歴史がある旧いホテルだそうですが、部屋はリニューアルされていてとても快適でした。

 地下にある朝食をいただいたブッフェレストランの品揃えもgoodでしたし、朝から食欲も旺盛な私達はしっかりと各種料理を味見しました。(汗)

 同行者の三分の二くらいは、まとまってOPなバスツアーに出掛けましたが、S田は添乗員役を放免されましたのでフリータイムを選びました。同室になった某氏と共に今日は主にグルメツアーです。

続きを読む "韓国旅行(2)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧