« 新和食 元永(福岡市中央区) | トップページ | 恒例の飛騨詣で(汗) »

2012年3月28日 (水)

プリウス(1.8)レンタカーとしての評価

 このところ「旅Blog」になってしまったか?のような当Blogですが…。(汗)

 久し振りの車ネタはCitroenではなくてトヨタです、しかも断トツのベストセラーCar(日本で)の称号が定着してしまっているプリウス様です。超少数派なCitroenバカの、これまた偏向的な少数意見としてスルーしていただければと思います。(笑)

 今回の九州旅行の足として、博多駅を発着としてレンタカーを使うってのは、コースからいって必然でした。目的地が黒川とか筋湯とかの、公共交通機関が不便な温泉地を廻るにはクルマがないと非常に難しいと思います。当初、「ゆふいんの森」号に乗ってみようか?と、熊本で借りて由布院で返す事も真剣に検討はしたのですが、由布院にはレンタカーの営業所が極端に少ないことで断念しました。大手では「駅レンタカー」の小規模営業所があるのみで、車種の制約とかお得な料金とかの選択肢が大幅に限られてしまうのです。
 車種の選択は、5人の大人が乗る車として絞っていきまして、プリウスか3列シート車か?のどちらかしかないと断定しました。
 (1) 5人乗りセダンで大人3人がゆったり座れる車はレンタカーには殆ど無くて、どのセダンにしてもプリウス程度の我慢は必要であること。
 (2) プリウスのトランク容量は、5人の大人の3泊4日の旅行荷物に必要十分であること。
 (3) 3列シート車でも、2列目に3人ならやっぱり窮屈で、3列目に一人だけ座らせるのも、今イチであること。
 (4) 3列シート車のレンタル料は、人気のせいか?高価であること。プリウスがマツダ・レンタカーの地域限定キャンペーンで安く借りられたこと。
 (5) プリウスの燃費が圧倒的であること。

 以上のような理由で、マツダ・レンタカー博多駅前店発着三泊四日(免責補償込み)を21,000円で予約しました。

Rimg0331d

 博多駅からマツダレンタカー博多駅前店までは歩いてスグの判りやすい場所にあります。予約時間の10分前位に到着して手続きをスムーズに済ますと何処からか?店頭にS田一行向けの白いプリウスが現れました。お店自体は非常にコンパクトで、2台くらいしか車を置くスペースはありませんし、車庫の屋根が低くて背の高い車を入れる事は無理そうです。
 という事で、道路に停車している状態ですので、急いで傷のチェックを済ませて(細かい傷、多かった)、荷物を積み込み全員乗車。ナビを熊本城にセットしまして、急いでスタートしました。(S田の後も、予約客らしい方達が続々とクルマを求めて来店してましたので…。)

 そんな具合でスタートして、全行程500km強の距離を、定員フル乗車+相当な量の荷物という、プリウスにとってはかなり厳しい条件で走らせてみた感想を書いてみます。

 高速道路走行は、一日目が福岡都市高速経由で大宰府ICから熊本IC、二日目が九重ICから日田IC、四日目が湯布院ICから大宰府IC経由で福岡都市高速の間です。後は、連日アップダウンの結構ある山坂道ばかり(筋湯は標高1,000m、黒川で800m)を登り降りしてました。燃費は大体20km/lくらいでした。フルロードとアップダウンを考えれば、とっても優秀だと思います。(プリウスならフツーって言われるかも?)燃費に、文句ありません。(汗)

 ドライブして気付いたことの一番目は、「坂道に弱くない?」っていうか?違和感がありました。上り坂がちょっときつくなると思っている以上にスピードが落ちて「アレッ!?」って何度も違和感感じました。(当然、エコ・モード)「パワー・モード」を押せば、威勢良くはなるのですが、これがまた違和感タップリでアクセルと車速がシンクロする感じがないのが不自然でたまりませんでした。下り坂になると、今度はエンジンブレーキが利きません。何か?滑空してるようなフィーリングです。シフトスイッチの「Bモード?」は何度も使うのですが、効果が限定的っていうか?そんな時はフットブレーキを使えば良いのですが(回生してくれるし)、慣れてないせいか?しっくりきません。それと、回生ブレーキにしても、フル充電されてしまえば(メーターで確認!)、普通の車と同じように熱エネルギーとして捨てるしかないのが辛い。(笑)そんな事なら、「上り坂でもっと賢く電気ターボが使えんのか!」と、悪態をついてみたくなるのです。(汗)
 それもこれも、フルロードなのが一番邪魔してるんだろうとは思います。二人乗車ならこんな違和感も殆ど無いのでは?とも思うのですがどうでしょう。

 二番目は、音の違和感です。高周波っていうか?普段クルマの中では聞こえない種類の音が気になるです。一週間ぐらいすれば、慣れちゃうんでしょうが…。それと、コストダウンのせいか?ロードノイズが結構キツイですね。はじめの二日間が雨だったのもあって、タイヤが飛ばす水滴がボディに当る音もあって、気の毒な条件だったですが。まぁ、逆に言えば、空気抵抗が少ないので風切り音が少ない為に、他からの音が大きく聞こえる(気になる)のかもしれません。特にリヤシートの住人からの不満がありました。

 三番目は、シートの問題です。これは、殆どの日本車に共通の問題点ですから、プリウスだけに文句つけちゃ駄目ですが。日本メーカーはシートにコスト掛けませんね、どこも。乗員とクルマとの接点っていうか、最も重要なインターフェースだし、移動のための道具として最低「からだが痛くならない!」もう少し進んで「疲れない!」レベルを目指してもバチは当らないと思うのですが…。ヨーロッパで日本車に乗った経験はないのですが、彼の地のうるさい顧客達は、こんなプアなシートに文句は付けないのだろうか?(それとも、仕様が違うのか?)

 細々した事を書き連ねれば、小姑のように幾らでも書けるのですが(汗)、暖かく見守りたいのでこの位にしときます。燃費性能については、何の文句もありません。しかし、その部分だけで、日本中がプリウスばかりになってしまうのもどうか?と思います。いや、今なら「プリウス」と「アクア」だけ?(笑)でも、本当に気持ち悪いくらい増殖してますね。
 うちの勤め先でも、クラウン(中古)やマジェスタ(中古)に乗ってた人達まで、「総プリウス化現象」が発生しております。(笑)

 トヨタは、「プリウス」のブランドをここまで高めました。初代のプリウスのスタイルを見て、「あんなの、クルマじゃねえ!トヨタじゃねえ!!」って言ってた保守層(カローラ・コロナ・マークⅡ・クラウンのファン達)に、よくぞここまで浸透させたものだと感銘しております。願わくば、プリウスをもっと凄い!「世界のファミリーカー」にして貰いたいと期待してます。「トヨタならやってくれるでしょう。」S田が欲しくなるプリウスを創ってください、買わせて貰いますから。(上から目線)

 PS: 九州は、レンタカー天国。宿の駐車場は半分以上レンタカー。競争激しいせいか?キャンペーン多し。良く調べられたし。(笑)

 

|

« 新和食 元永(福岡市中央区) | トップページ | 恒例の飛騨詣で(汗) »

コメント

少し前に社用車がプリウスに変わりました。

先代社用車インサイトのシートは非常に苦痛だったせいでそう感じるだけかもしれませんが、シートはそれほど酷く無いと感じてます。

それよりも未だに馴れないのがブレーキです。
上手く止まれないんですけどボクにはプリウスに乗る素質が無いのでしょうか。
アクセルも出足が鈍いくせに気がつくと速度が出過ぎているし、何かと気を使う車だな、という印象を持っています。

投稿: asn? | 2012年3月31日 (土) 08時35分

asn?さん

>シート…
1時間くらいで休憩するような使い方でしたので、許せる範囲ではありますが、レベルアップ希望します。

>ブレーキ…
九州では、熊本市内の大渋滞を除いて(この時は、停車に困るまでの速度と無縁)、信号が極端に少ない道路ばかり走ってましたし、慣れない車で安全速度でのんびり運転傾向もあって…、若干の違和感だけでした。

>アクセル…
こっちは、最後まで違和感が拭えませんでした。(特に坂道)

燃費スペシャルとしての不自然さを楽しむ位の境地にならないと駄目でしょうね。エンジンだけの自動車が好きな時代遅れなバカですから。(汗)

でも、S田も結構これで新しモノ好きでもあるんですが…、こういう不自然な感覚には慣れていきたくない抵抗感が付き纏います。

投稿: s田 | 2012年3月31日 (土) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/54330959

この記事へのトラックバック一覧です: プリウス(1.8)レンタカーとしての評価:

« 新和食 元永(福岡市中央区) | トップページ | 恒例の飛騨詣で(汗) »