« FBM報告(4) | トップページ | FBM報告(6) »

2011年10月21日 (金)

FBM報告(5)

Rimg0026d

 日曜日の朝6時チョイ前、夜更かしした割には、いつもと同じような時間に目覚めてしまうS田です。そっと起きだしてトイレに行ったんですが、B氏を起こしてしまったかも?
 外はまだ薄暗いですが、雨は降ってない模様。天気予報通り、今日は晴れそうです。昨夜は風呂に入れなかったので、朝風呂でサッパリします。一旦部屋に戻りましたが、朝食の時間(6:45~)になりましたんで、B氏と食堂へ一番乗りしました。今年は御喋りに忙しく、結果的に酒量を抑えられたみたいで、例年のFBMの朝らしくない爽やか気分で食欲も十分なのであります。バランス良く朝食をいただいて、しばらくしますと、T添乗員から着信で「ボチボチ、朝メシ行きませんか?」だと…。(これだから、酔っ払いは…。)「お先に済ませました。ゴメンね。」と優しくお返事しときました。(8時半からグランドへ移動の予定だったはず、間に合うの?)

 写真は、晴天に恵まれたFBM会場でコメント中のパラダイス山元。それにしても、良い天気、下はぐちゃぐちゃだけど…。

Rimg0020_2

日曜日のグランドで、今年一枚目の写真がコレ!

 復活なったHZ師アッシュ・トラック。

 前日、駐車場で坂を下っていくHZの後ろ姿を、ちらっと見て「あれは、間違いない。HZ師のだ。」と思ったんです。でも、こうしてジムカーナに出場される雄姿を見れて…(クランク掛けにも出場された。)感無量でした。

 しかも、助手席には奥様も…。

 なんか、その瞬間は…、一人で感激してしまって…。(涙が出そうに…)

Rimg0023  この後、結局HZ御夫妻とは、広い会場内で残念ながら出会う事もなかったのですが、これを見れただけで、「あぁ、今年のFBMは、思い出に残るFBMになったなぁ。」と強く強く思えたのでありました。

 また、何年かのうちにもう一度2006年のFBMのようにHZ師のアッシュ・トラックの後ろについて車山を登りたいなぁと思いました。(後ろにフランス車の大渋滞を従えて…)

続く

|

« FBM報告(4) | トップページ | FBM報告(6) »

コメント

今年も般若湯大量摂取しましたが・・徹夜の連続パイブオルガン演奏が無かったので・・爽やかな朝を迎える事が出来ました。大謎

投稿: 丁亥 | 2011年10月21日 (金) 20時19分

なんだ・・リサイタルに来れば良かったのにぃー

寝ながら猛練習したマーラーは、寅オーナー氏を始めとする、数名が独占したんですよ。

投稿: akemi | 2011年10月21日 (金) 20時49分

丁亥さん

ふ~~ん、そうだったの?
連続パイプオルガンねぇ…。
昨年は苦労したんだっけねぇ。(笑)

>爽やかな朝を迎える事が出来ました。
とっても、そんなふーには見えんかったなぁ。(大汗)
(例年と比較しても…)

投稿: S田@遠すー | 2011年10月21日 (金) 21時12分

akemiさん

リサイタル、コンサート…。
深夜の音楽祭でせうか??

昨年は、隣の部屋で鑑賞させてもらいましたが、オイラはどんな名演でも(演奏者には大変失礼と思いつつも…)、3分以内で寝ちゃうです。(謎汗)

投稿: S田@遠すー | 2011年10月21日 (金) 21時19分

実は、オイラも結構「名演奏家」らしい??(脂汗)

投稿: S田@遠すー | 2011年10月21日 (金) 21時24分

HZ様とは面識がないのですが、HZの大変な出来事は、
我がバレルンガ号初代オーナー様より、教えて頂きましたし、W自動車に入院していた時の姿も知っております。
それが、こうして元気に復活できたのですから、本当に良かった。

投稿: ルージュバレルンガ | 2011年10月21日 (金) 21時51分

ルージュバレルンガさん

良かった!です。ただ、それだけ…。

投稿: S田 | 2011年10月24日 (月) 15時26分

S田さん 
ルージュバレルンガさん

ありがとうございます。ただただそれだけ、、、。

投稿: HZ妻 | 2011年10月25日 (火) 00時44分

HZ妻さん

素晴らしい”復活祭”を、お祝い申し上げます。

これからも、ヨロシクお願い致します。

投稿: S田 | 2011年10月26日 (水) 14時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/53047805

この記事へのトラックバック一覧です: FBM報告(5):

« FBM報告(4) | トップページ | FBM報告(6) »