« 「やらまいCAR(第7回)」 | トップページ | 「やらまいCAR(第7回)」その3 »

2010年10月26日 (火)

「やらまいCAR(第7回)」その2

Rimg1352c  今日は軽自動車特集です。

 このイベントの参加資格からして、360cc規格のクルマが殆んどです。

 まずは「ホンダN360」です。前にも書いた覚えがありますが、S田が高校生の頃のデビューです。(汗)スバル360やマツダキャロルやスズキフロンテ等のライバルに対して「遅れてやってきた!」最強チャレンジャーって言えるでしょう。ちょっと初代MINIを思わせる雰囲気がありまして、若者から絶大な支持を得て、瞬く間に軽のベストセラーとなりました。

Rimg1353c

 その隣は、N360の後継車たる「ホンダライフ(初代)」です。

 N360と比較すると、大分尖った部分が無くなって、なんか「フツー」になってしまってちょっと寂しい気持ちになったもんです。

 クルマとして見れば、立派に正常進化しているのですけれどネ。

Rimg1357c

 こちらは、初代N360のフロントフェースを変更したマイナーチェンジ版で、確か「NⅢ360」って呼ばれていたはずです。N360とNⅢの間には「NⅡ」もありましたが、こちらは限りなく初代に近いものでした。
 このNⅢモデルから、N360の大きな特徴の一つの独特な「ドグミッション」から普通の「4速フルシンクロ」に変更されました。ドグミッションの変速フィールが本当に独特で、このシフトをガチャガチャやっていると「Nコロ」に乗ってるって感じたものです。(汗)

Rimg1356c

 こちらはご存じ「マツダキャロル」です。特徴はリヤに置かれた水冷4気筒エンジンです。
 他のライバルの多くが2気筒若しくは3気筒だったのに比べると、スペック的には優位だったのですが…。
 360ccでは、4気筒にしてもあまり性能的なメリットは出せず、コストばかり余分に掛ってしまう結果となってしまい、ずっとマイナーな存在ではありましたね。
 それと軽自動車では初めての4ドアモデルだと言う事もあって、車重が重くなってしまったのも厳しかったようです。

Rimg1359c

 軽自動車と言えば…、この名車があったからこそ発展したのではないでしょうか?

 「スバル360」です。

 日本でのファミリーカーと呼べる最初のクルマだと思います。VWビートルが「かぶと虫」と呼ばれたのに対し、「てんとう虫」の呼ばれて愛されました。
 本当に小さい外見からは、ちょっと信じられないくらい中身は広いんです。異常に柔らかいサス・スプリングは、2CVに通じるようなところもあります。

Rimg1368c

 キレイにレストアされた、こんな可愛い「スバル360」も並んでました。

 クルマとしてのキャラクターで、この車以上に愛嬌を持つクルマはちょっと見当たりません。

Rimg1391c

 本当なら、ここに並んで欲しかったのはモチロン「スズキフロンテ360」だったのですが、この車も今となっては非常にレアなクルマです。確か三代目の「スズキセルボ」550ccエンジン搭載だと思います。

 「フロンテ360」は、リアに空冷3気筒の2サイクルエンジンを積む、これも大変個性的な軽でした。
 特にスポーツタイプの「フロンテSS」はエンジン・シャシー共にピーキー&トリッキーで乗り手を選ぶ一台でした。

Rimg1381c

 こちらも懐かしい!「三菱ミニカ」のトラックです。

 当時としても滅多に見られないクルマでしたが、今となっては本当に貴重です。大切に維持して貰いたいです。

 こうして見ると360cc時代の軽自動車って、どの車も本当に個性的だったですね。翻って、現代の軽自動車の向かっている方向は、ちょっと間違っているよーな気がしないでも…。(以下自粛)

 つづく?

|

« 「やらまいCAR(第7回)」 | トップページ | 「やらまいCAR(第7回)」その3 »

コメント

(ビート、カプチーノ、ヴィヴィオRXーR世代で盛り返しましたが、それ以降は)間違っていると考えます。

投稿: 浜松南区のО | 2010年10月28日 (木) 12時43分

浜松南区のОさん

その通りですね。

今のミニミニ・バンみたいなのばかりってのは…。
そういうのも「有り」ならOKなんですが、売れる車型しか造らないってのがネ。(汗)

投稿: S田@遠すー | 2010年10月29日 (金) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/49852037

この記事へのトラックバック一覧です: 「やらまいCAR(第7回)」その2:

« 「やらまいCAR(第7回)」 | トップページ | 「やらまいCAR(第7回)」その3 »