« 「FBM報告」(9) | トップページ | 「FBM報告」(最終回) »

2009年11月14日 (土)

「FBM報告」(10)

Rimg0695c 今年のFBM、行く前は最悪のお天気を予想してましたので、防寒衣料や雨対策は十二分にして行ったのですが、良い方向へ外れてくれまして、暖かいと言ってしまってイイぐらいでした。しかも、雨は3時近くまで持ちました。有難や。

 しかし、ついにポツッポツッと雨が、すぐに強く降り始めました。少し前から帰り支度を始めていた(関係諸氏への挨拶やら)S田は、そそくさとGSA乗り込み帰り途へと。
 急に降り出した雨で、グラウンドからビーナスラインへの登り坂はフランス車の大渋滞でした。(汗)

 S田はこの2年程、車山からの帰りは、ビーナスラインを多くの皆さんとは逆方向に左折して、霧ヶ峰の先を諏訪市街に下っていくルートを使っています。こちらを走るほうがスムーズですし、周回コースとなって別の風景も楽しむことが出来ます。ちょっとお薦めです。

 そこで、最初にフっておいた、GSA╱X3の小トラブルの話です。(汗)

 霧ヶ峰を過ぎて快調に下っていたのですが、フロントウインドゥから何かが突然吹っ飛びました!その後、ギーーッ、ギーーツと嫌な音が…。

 そうです。ワイパーブレードが外れて吹っ飛んだんです。助手席側です。今年の夏、奥飛騨でキャンプの際、K谷巨匠と車を取り替えっこして走っていた時(ですから巨匠運転)、同じ助手席側ブレードが飛びました。その時の巨匠と同じように急いでX3を停車させ、雨の中を2百m位でしょうか?走って登りました。
 まだ、帰り道は長いのです。片方のワイパーブレードが無い状態で、雨の高速を走るなんて…、何より危険!です。

 ハァハァ…と息を切らせながら走り登っていくと、反対側車線で無事ブレード発見!!回収出来ました、(ホッ) この間、交通量の少ないこちらのルートでは、対向車線を登って来る車はありませんでした。車が来ていたら、ブレードは踏みつぶされていたでしょう。また、降りてくる車も数えるほどで、S田のミットモナイ姿を見た方は殆んどいないハズです。ヨカッタ!こっちのルートを選んで!!!(滝汗)

 1年ほど前に交換したブレードですが、取り付け部分が基本的にフィットしていないんです。でも運転席側は何とかなっているので、慎重にセットし直した後、思い切り引っ張って外れないかチェックして何とかOK?? 走りだします。

 諏訪市街まで降りて、ガソリンスタンドで給油した時も再チェックしました。高速走行中に外れたら、戻って回収なんて無理!ですからネ。何とかなりそうでしたので出発しました。

 高速道路走行中は、風圧の影響もあって低速時より余計外れやすい筈ですから、出来る限りワイパーは止める作戦で行きました。雨もそんなに強くは無くて、更に時々渋滞もあったりしましたので「ワイパー時々(ドキドキ)作戦(仮称)」は大成功!でした。(笑)

 本当は、サービスエリアに何度か停まってチェックし直したほうが、よりベターな事は分かっているのですが、諏訪のガソリンスタンドから名古屋の孫宅までノンストップでした。(汗)

 孫にお土産の「クサラWRCチョロQ(2台セット)」を渡して喜んでもらい、急いで夕食も済ませ、土曜の朝と同じようにこんばんはとバイバイと一緒(に近い)にして、帰りも助手席に嫁を乗せて、もうひと走りしました。
 その際、嫁にはワイパーの事は勿論ナイショです。(汗笑)

 お陰様で雨も小降りとなって、ワイパーを作動させるのも激減しましたので、平穏無事に我が家へとたどり着いたのでした。

 FBM最終回へと 続く

|

« 「FBM報告」(9) | トップページ | 「FBM報告」(最終回) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/46759860

この記事へのトラックバック一覧です: 「FBM報告」(10):

« 「FBM報告」(9) | トップページ | 「FBM報告」(最終回) »