« お気に入りの展示車(外車編) | トップページ | 飛騨「古川祭」(屋台巡行編) »

2009年4月22日 (水)

飛騨「古川祭」(起し太鼓編)

20090419158c 飛騨の「古川祭」は曜日に関係なく、毎年4月19,20日に執り行われます。
 今年は、日曜、月曜だったのですが、シトロエンGS╱A仲間のK谷氏(古川在住)と直接会って密談?しなければならない案件もありましたので、K谷氏の「それなら、ついでに祭り見物も兼ねて…」と言う有り難い言葉に、図々しくのってしまいました。(汗)

 19日夜半の「起し太鼓」は21時過ぎからですが、本来の案件の為11時前にはK谷邸に到着しておりました。
 勿論、GSA╱X3で行きましたヨ!(笑)

 重要案件は、ナイショですのでこのBlogには書けませんが、日中は謎車で金沢までドライブしたり、K谷さんのトゥインゴで古川・高山あたりを運転させてもらったりして楽しませてもらいました。

20090419159c K谷さんは殆んどお酒は呑まれないんですが、S田は夕方からめげずに?ビール・チューハイに飛騨の地酒「蓬莱」までと、勝手にテンションを上げておりました。(汗)

 K谷邸を21時ちょい前ぐらいに出発して、古川の中心部にある「起し太鼓」が出発する広場を目指したのですが、既に見物客の数たるや無慮数万!
 全然近づけません。それでもちょっとでも高い所へと思い、石垣の上に上がってみたものの、かすかに覗けるだけでした。それでも、大太鼓が打ちならされるとその迫力に驚き、付け太鼓の激突にもビックリでした。

 写真は大太鼓の接近を待つ間に見せられる「付け太鼓」上のパフォーマンスです。長さ2間(けん)約3.6mの棒(中心に小太鼓が縛り付けられている)を周りで支えて立てた棒上に手放しでのって見せるってものです。棒に乗る時・降りる時の敏捷さや、乗り方・降り方のバリエーションも色々で楽しませてくれます。ちなみに写真に写ってるのは外人さんでした。このお祭りは「気多若宮神社」の氏子でないと参加出来ないそうですから、彼も古川在住なんでしょうね。
20090419162c
 きっちり決まった「決めポーズ」です。観客から自然と起こる拍手の嵐です。

 この古川祭に参加する男達を「古川やんちゃ」と昔から呼んでいるそうです。とても血気盛んでお元気?な方達だそうで、ケンカも絶えなかったようです。
 S田地元の「浜松まつり」の凧揚げ会場でも、毎年ありますからね。良く理解出来ます。

20090419163c  大太鼓の櫓が近づくと、付け太鼓を頭上に掲げて大太鼓目がけて突進するんです。それを近づけさせない大太鼓を守る「主事」の組と、付け太鼓の争い。また、櫓との間のわずかな空間を付け太鼓同士でも争うっていうかたちです。
 やぐらの直後に位置するのが最大の名誉ということです。

 この肉弾戦が、櫓が町内を移るごとに何度も何度も深夜まで繰り返されるのです。

 狭い古川の通りで、こういう「やんちゃ 」な男達が夢中になって攻防戦を行いますので、うろうろしていると観客も巻き込まれてケガをしかねません。見る方も必死でした。(笑)

20090419164c 勇壮な「起し太鼓」の醍醐味を満喫した後は、K谷邸で深夜までオジサン二人の、「シトロエン話 」「GS╱A談義」に関するエンドレストークが、延々とクドクも続くのでありました。(謎笑)

 

|

« お気に入りの展示車(外車編) | トップページ | 飛騨「古川祭」(屋台巡行編) »

コメント

んんんっ。秘密の案件がヒジョーに気になりますね。
そして謎車。。。

あやしい・・・(笑)

FTPまであと1ヶ月ですね。
今年もS田さんを追いかけて途中で抜いて(爆)、上位進出を狙います(笑)。
今年もよろしくです。

投稿: keiryopopo | 2009年4月23日 (木) 13時18分

keiryopopoさん

怪しいでしょうか?
大した事はありませんが、前夜祭で酔っ払った時に
口がスベルかも知れません。(笑)

>今年もS田さんを追いかけて途中で抜いて(爆)
今年は抜かれないよーにします。
昨年は速すぎ?かと思って時間調整したのが裏目にでました。(…と、負け惜しみ(汗))

今年こそは「ガラストロフィー」の獲得を狙います。マジで!

投稿: S田 | 2009年4月23日 (木) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/44751739

この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨「古川祭」(起し太鼓編):

« お気に入りの展示車(外車編) | トップページ | 飛騨「古川祭」(屋台巡行編) »