« GSA/X3一時退院? | トップページ | FBM準備完了 »

2008年10月22日 (水)

シトロエンGS/GSAのパーツは?

P1271732c  GSA/X3に乗り始めて2年と少し経ったのですが、旧めのシトロエンの中でもGS/GSA系はパーツ入手が難しいと聞かされていました。うちのX3は1984年モデルでほとんど最後期なんですが、それでももう24才です。人間なら一番元気の良い頃ですが、自動車だといろんな所に問題を抱え始める「壮年期」を過ぎた頃で丁度S田の年齢に重なる年代かも知れません。(笑)
 そんな訳でいろんなところに、問題が山のように…。目をつぶれるところは思い切って見なかった事にして、それでも安全上問題がある部分については何としても処置していかねばなりません。

 今回の始動不良が良い例ですが、雨水が入って来るパイプは補修すればしばらく大丈夫です。でも、足回りの重要部品は小さなモノでも交換が必要になります。いい加減な状態で運転を続けていれば、最悪コントロール不能な状態になって他者を傷つける事になるかも知れません。自分一人で崖下に転落!なんてのは「バカのむくい」ですけど、そう思うようにはいかないのが世の常であります。ここは一番!何とかしないといけません。

 

 それで、まずはモダン‐サプライさんにメールをしてみました。こちらのHPにはシトロエン車の入手可能なパーツリストの中に珍しくGS系も載っています。こちらではマフラーのミドルパイプとエアフィルターがリストにありましたので注文、ついでにリストには無いタイロッドのボールジョイントも入手可能か問い合わせてみました。これも近々入荷の予定と言う事でお願いしました。

 それとは別に以前、GSの大先輩から教えて頂いていて気になる存在だった英国のGSパーツのスペシャリスト「The Chevronic Center Ltd.」にも思い切って問い合わせをしてみる事にしました。今迄HPは良く見ていて、GS系のリストの豊富さに驚くと共に「本当に全部在庫あるんだろうか?」と疑っていたわけです。今迄問い合わせが出来なかった一番の理由は相手が海外のお店だった事です。英文メールなんて送った事ないですし、英語もまるで自信がありません。それでもGSAの為なら何とかするしかありません。これがフランス語だったら諦めていたでしょう。(笑)

 それでも海外オーダーの経験はあります。米国の「French Parts Service」さんには2CVのパーツを頼みましたので、業務の流れは理解出来ました。でも、FPSさんは日本語メールで大丈夫でしたし、一度は直接電話をいただいて打ち合わせさせて貰ったりで、国内と変わらない気安さでしたからね。今回は一大決心でした。(汗)

 S田も海外へ行った事はあります。しかもヨーロッパの英語圏ではないフランス・ドイツ・スペインなんて国にも個人旅行で行ったのですが、面と向かってしまえば何とか知っている英単語を並べて、後はボディランゲッジを駆使(汗)すれば、そしてお互い理解し合おうという気持ちがありさえすれば何とかなるものです。(滝汗)
 今回の英文メール作成にあたっては、ネットの翻訳サイトと海外通販応援サイトの例文を思い切り参考にさせて貰いました。後、パーツ名の伝わり難かったモノは写真やヘインズの絵を活用しました。何とかなるもんです。(全くのデタラメ・メールで恥っ!)
 Chevronic Center からの返事で注文した6種の内、キャブのリペアキットを除く5種は新品と中古の両方の値段を出してくれました。部品トリ車も相当確保しているようですので、中古でも構わないようなモノは中古で済ませば大分節約出来ますね。

 でも、今回最後にトラブルがありました。終わってみれば大した事ではなかったのですが…。クレジットカードの情報をメールに書き込むのはセキュリティ上芳しくないと思ったので、FAXで送ったのですが何回トライしても話し中になっちゃうです。ChevronicのFAXは電話と同じだという様にHPに書いてあったので、敢えてFAX番号は聞かなかったのです。
 そうなんです!FAXは別の番号だったんです。(涙)
 国際FAXなんて初めてだったので、番号の並べ方や国番号を何度も確認し直し、FAXの設定を見直したり(すると国際通話なんて設定もあって惑わされ)、最後にはマイライン登録の有無でも変わるのか?なんて迷いだすとキリがありませんでした。最後は緊急メールでFAX番号を聞いてみたら、あっさり別の番号を教えてくれてすんなり送信完了!!!(滝涙)

 がっくり…?! ほっ…!? 

 英会話に自信が持てれば、直接電話すれば良いのですが…。言葉だけが頼りの電話は全く自信がありません。英会話勉強したいです。仏語も…。

 無理だと思うけど…。(大滝汗)

|

« GSA/X3一時退院? | トップページ | FBM準備完了 »

コメント

私も10年ほど前、アメリカから50年前のバイクを買ったことがあります。
車両価格は30万円ちょっとでしたが日本郵船に頼んで引き取ったので総額は80万円ほどになりました。
会社の仕事で買ったのですが会社の名前を出したくないと言う上司の意向で個人輸入となりました。
でも、個人輸入で高額の品を買う時は緊張しますね・・・。
アメリカのバイク屋の親父と10回ほどメール交換しましたが習ったことのない文章には苦労しました。
(英語はドイツ人が一番、英国人が二番目にわかりやすい?)

投稿: citxan | 2008年10月22日 (水) 22時33分

GSの部品は内装と外装の一部以外はでてきますよ。
しかも、国内の部品屋さんにあったりもします!!
ロアアームのブッシュも国内では壱萬弐阡円もしちゃいますが。。。
G13のガスケットキットがあれば、取り寄せた方がいいと思います。
急いでいるときは、パーツリストに○して取り寄せたりしますよ(笑)

投稿: 洋服屋 | 2008年10月23日 (木) 00時32分

citxanさん

>個人輸入で高額の品を買う時は緊張しますね・・・。
少額でも、ドキドキします。(笑)

英文メール初めてでしたが、やりとりを深めていくと、「Dear」から「Hello」そして「Hi」と替わっていったりして面白かったです。

投稿: S田 | 2008年10月23日 (木) 08時23分

洋服屋さん

まわりから「GS系のパーツは無い!」と散々聞かされていましたので、今回自分で探してみてある意味ホッとしました。国内の部品屋さんでも「今は無いけど来週入る予定です。」とか聞けて安心しました。出来るだけ英文メールなんて苦労はしたくないですから…。(汗笑)

>パーツリストに○して取り寄せたりしますよ
当方パーツリストがありませんので、ヘインズの絵をpdf.ファイルにしてメール添付したらやっと解ってくれました。

それとmixiで拝見してますが、FBM直前の突貫工事スゴイですね。何でも御自分でされて尊敬致します。
自分もやってみたい気持ちはあるのですが、不器っちょですから…、やりだしたらどんどん壊すだけになりそうで怖いんです。(汗)

投稿: S田 | 2008年10月23日 (木) 08時34分

本日、車検通りました(・∀・)ニヤニヤ
日曜日に見てくださいね。
足はNANKANですが。。。

投稿: 洋服屋 | 2008年10月23日 (木) 20時28分

洋服屋さん

車検通りましたか?!素晴らしい、早業ですね!!!

日曜日、是非見せてください。今年はGS系は何台くらい集まるのでしょうか?楽しみです。

NANKANの雰囲気もどんなでしょう。

投稿: S田@遠すー | 2008年10月23日 (木) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/42868120

この記事へのトラックバック一覧です: シトロエンGS/GSAのパーツは?:

« GSA/X3一時退院? | トップページ | FBM準備完了 »