« 「やっちまったなあ」ではなくて… | トップページ | 「非緊急シトロ研修会」某秘密基地にて »

2008年8月18日 (月)

17日は早朝より(謎?)

20080817040c お盆休みの最終日17日は早朝7時に浜松「ZaZaCity」前である方とランデブーしまして、まず急襲しましたのは、最近当Blogで話題の浜松某所です。

 「噂のGS」です!!!

 普通の人はまだ寝ていても可笑しくない時間帯でしたので、そっと遠目に見せてもらって帰るつもりでしたがオーナー様(っていうか社長様?)が2階ベランダに御出まし中でしたので、お声を掛けさせて頂きまして、近くに寄ってじっくり拝見しました。所々サビが浮いているところはあるものの部品トリにするのは惜しいような個体です。特に屋根がありますので、シャーシ等下回りは大きな問題はなさそうですし、全体的にも欠品はないようです。

 GSの下の謎車にも大きな興味が沸々と…。(汗)

 

20080817041c 下の赤い車はBXの16Vです。当然MTですし、同行していただいた某氏が初訪の際にはエンジンも掛けてもらったそうです。

 そんな話をしていると社長様が階段を降りてきて下さって、しばらくお話を伺うことが出来ました。S田がGSAや2CVに乗っている事をお話しましたら、バカさ加減を御理解いただけたのか?貴重なお話を沢山お聞かせくださいました。

 こちらの社長(この後敬称略)は自動車修理工場としてはとてもユニークで、強烈なキャラクターをお持ちですが、ある意味では自動車修理業としての崇高な理想を追及されておられます。
 一番印象に残ったお言葉は「壊れたら部品を新品に交換するだけではダメだ!」と言う事です。純正と言えども新品と言えども設計段階からミスした(メーカーが)部品をいくら交換してもまた壊れるのは当たり前だと仰るのです。そういう部品はモノの道理にあったように作り変えなくてはダメだと言うのです。社長はそれを「設計変更する」と言います。(驚)

 ダメな部品は別のクルマから流用出来る物があればそれを使い、無ければ作ってしまうのだそうです。工場にはいろんな工作機械があって御自分で出来るものは(殆んど)自製して、どうしても専門的技術の必要な一部の技術は優秀な外注さんにお任せするのだそうです。一つの問題があるとそれを解決するまで、その事ばかり考えてしまうそうです。

 殆んどの車を扱ったそうで、フェラーリのエンジンも設計変更しちゃったそうですが、シトロエンはお好きだそうです。トラクシォンも現役で整備したことあるそうで同時代の車からすると傑出していたそうです。また、DSは20世紀の最高傑作だとも仰ってました。またGSや2CVの設計にもふれられ、ピンポイントな問題点にもふれながらも合理的な設計で好きなクルマだと言われたので、とても嬉しくなってしまいました。(笑)

 また、社長は海外視察にも時々行かれたそうなのですが、どの国に行っても見てくるのはディーラー系でない修理工場なのだそうです。どの国にも優秀な工場はあるそうで、いろんな参考になるそうです。このあたりの情熱にも頭が下がります。

20080817039c この頃、別の某氏からの連絡があって謎基地へ進行中との事で、貴重なお話をもっとお聞きしたかったのですがお暇することにしました。

 最後に「GSAでまたお邪魔してもイイですか?」とお聞きすると、にやっと笑って「もう、来なくてイイ!」と仰いました。(笑)

 GSAを持ってきたら、いろんな箇所の設計変更!を指摘されそうで怖いのですが、是非近いうちに再訪したいと思っております。

 ↑このBX16Vも、もう一度じっくり見てみたいです。(謎笑)

 この後、某基地での非緊急シトロ研修会(参加3名)の為、東へ向かいました。
 続きはうまくいけば、明日…。

|

« 「やっちまったなあ」ではなくて… | トップページ | 「非緊急シトロ研修会」某秘密基地にて »

コメント

サトシ商会社長さんのお話、興味深く読ませていただきました。


フェラーリまで…、すごい方です!

投稿: 南区在住のО | 2008年8月18日 (月) 21時45分

行ってきましたか。
不思議な立地で不思議な車がある修理屋だとは思っていましたが、やはりオーナーも魔力を持った方のようですね。
ひょっとして凄い人なんでしょうか?

さて、ボクはいつ行けるやら。
毎朝前を通っているのですけどね。

投稿: asn? | 2008年8月18日 (月) 23時39分

南区在住のОさん

社長さんは「ヘラーリ」と…。(笑)

シトロエンはパワーは大した事無いけど、直進性が良くてしかもワインディングロードが楽しいクルマだと看破されておりました。

投稿: S田 | 2008年8月19日 (火) 17時41分

asn?さん

行って来ました。(笑)

日曜日の早朝という初訪には失礼な時間帯でしたが、いろいろお話くださって有り難かったです。
社長さんはパンツ一丁での登場でした。(汗)
でも話を聞けば聞くほどいろんな意味で型破りなんだけど「理想主義者」な方だと思います。

>さて、ボクはいつ行けるやら
車が好き!という事が伝われば大丈夫だと思います。

投稿: S田 | 2008年8月19日 (火) 17時47分

浜松市内の旧車好きには有名な方ですね。
一度も伺った事がありませんが、浜松は修理工に恵まれ過ぎていると思います。
パールさんがどうしても空かない時は一度お世話になりたいです。以前お話した豊橋のラッシュモータークラブさんもきっと似たような雰囲気の方ですよ。

「噂のGS」で思い出しましたが、スズキ自動車の近くに生息しているGSの方と西郵便局の駐車場でばったり会いましたよ。クラクションを鳴らしてくれました。今度はお話したいですね。

投稿: essoesso | 2008年8月19日 (火) 19時56分

メカニックの鑑!。

エンジニアならぬチェンジニア(交換だけ)と揶揄される時代ですが、このような志をお持ちの方がまだ居られるのは心強いです。
応用力と技術力がないととてもできない芸当ですよね。

私もやがてはそうなりたいなぁ〜。

投稿: Quadra | 2008年8月19日 (火) 22時39分

essoessoさん

サトシ商会の社長さんは、最高の素材で最高のパーツ(理想の部品)を製作されますので予算的に厳しいパターンになるかもです。ですからうちのGSAもおいそれとは…。(汗)

>スズキ自動車の近くに生息しているGSの方
ブルーのGSの方でしょうか?
それとも別のボディカラーですか??

投稿: S田@遠すー | 2008年8月19日 (火) 22時42分

ブルーの方です。
お知り合いになりましたか?

投稿: essoesso | 2008年8月19日 (火) 22時51分

Quadraさん

旧くてパーツの無くなった車ばかりでなく、豊富にパーツのある車でも理屈に会わないものは「設計変更」の対象となります。

でも、最近の何でもコンピュータ制御は?
どっちみち、そんな車を持っていく人はいないと思いますが…。

>応用力と技術力がないととてもできない芸当
それとやっぱり各種工作機械がないと厳しいですね。
工具にも拘ってらっしゃいますし、スペシャルツールも工夫してどんどん製作されてました。

投稿: S田@遠すー | 2008年8月19日 (火) 22時55分

essoessoさん

その方でしたら、CCMに一度お見えいただきました。その後、今年の名古屋での2CVイベントにも顔を出された時に、少しお話伺えました。

確か、10年前の2CV50周年の時にはパリ郊外での1,000台以上の2CVパレードをご覧になった、とのお話でした。

投稿: S田@遠すー | 2008年8月19日 (火) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/42203513

この記事へのトラックバック一覧です: 17日は早朝より(謎?):

« 「やっちまったなあ」ではなくて… | トップページ | 「非緊急シトロ研修会」某秘密基地にて »