« COPPA DI TOKAI | トップページ | FTP報告(12) »

2008年6月 9日 (月)

FTP報告(11)

P5252166c FTPの特別展示車の中から気になったクルマをピックアップしてみました。いつもながらのS田の独断と偏見にあふれる選択です。(笑)

 マツダR360クーペです。現在よりうんと小さな軽規格の車体寸法を室内の広さなんかあまり考えずに、伸びやかなスタイリングを主題にデザインされたカッコ良いクーペです。今の室内の広さを極限まで追及して出来あがってる軽ワゴン車とは違います。
 まあ、しばらく後にはホンダ・ステップワゴン(初代)というその時代での広さを追い求めた革新的なモデルもありましたネ。今のクルマにはいろんな意味で遊びが無さ過ぎます。それが楽しさとか所有する喜びとかに繋がらず、実用品になってしまっています。軽で言えばコペンとかが夢のある車の現代の代表でしょうか?

P5252167c こちらは「三丁目の夕日」なんかでも話題の軽オート三輪ダイハツ・ミゼットです。S田の世代ではテレビ黎明期のコマーシャルで大村崑ちゃんがこのミゼットをやっていた記憶があります。(汗)
 これはもう愛玩動物みたいなもので、理屈では魅力を持っています。

 愛らしいだけでは車としては足りないのかも知れませんが、この存在感はそれだけで凄いモノがあります。ミニカーとかも欲しくなってしまいます。

 現代のクルマで50年後に残しておきたいモノってあるのでしょうか?
P5252168c トヨタ・パブリカです。トヨタのベーシックカーたるコンセプトから「パブリック+カー」という造語から生まれました。空冷水平対向2気筒で800ccでFRでした。1ドルが360円の頃、千㌦カーとCMを打っていたこともあります。ヨタ8はコレクターアイテムとして珍重されていますが、S田はこういう車こそ残していって欲しいと思っています。

 空冷水平対向だから成り立つこのボンネットデザイン、ユニークで素敵だと思いませんか?機能というかエンジニアリングがスタイリングに繋がる必然性みたいなのが好きなS田です。(汗笑)

P5252169c_2 モーリス・マイナー・トラベラーです。殆んどオーナーさんが自力でレストアされたそうです。

 とても良い雰囲気でした。

P5252170c リアエンドの木製枠が気分出してます。これもオーナーさんの苦労の結晶でしょうか?

 英国の田舎って感じです。この車は1968年製だそうですが、S田は60年代から80年代のベーシックカーというか大衆車が好きみたいです。

 あまり大きくて立派な車に乗っていると、落ち着かないS田です。(笑)

 もう少し、続きます。

 

 

|

« COPPA DI TOKAI | トップページ | FTP報告(12) »

コメント

こんばんは。

> パブリカ
こいつは2代目のUP20ですね。
これはこれで好きな人がいますよ。
値段もソレナリします。
ボクも買う直前まで行きました。

> 夢のある車の現代の代表
ちょっと前、軽ではAZ-1、ビート、カプチーノてな具合に各社面白いのを出してましたね。
そういえば韓国でビートを見ました。
並行車でしょうねぇ。
輸入車には40%の関税がかかるらしいですが、中古車もかな?

投稿: asn? | 2008年6月13日 (金) 00時38分

asn?さん、韓国は楽しまれましたか?

>2代目のUP20・・・ボクも買う直前まで行きました
状態のイイ個体でしたら、高いでしょうね。
こういう大衆車というか?生活車を保護して欲しいですね。スポーツカーは贔屓されますから。

>韓国でビートを見ました
日本の方が運んで行ったのでしょうか?
フランス車は殆んど居ないと思いますが、日本から2CVを持ち込んだ方がみえるそうです。

投稿: S田 | 2008年6月17日 (火) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/41480998

この記事へのトラックバック一覧です: FTP報告(11):

« COPPA DI TOKAI | トップページ | FTP報告(12) »