« FTP報告(4) | トップページ | FTP報告(6) »

2008年5月30日 (金)

FTP報告(5)

P5252150c やっと会場に到着したのですが、既にやや遅刻気味でした。今年は駐車場の奥の通路の横にもラリーエントリ車の駐車スペースが出来ていまして(一等席?)、お慈悲でGSA/X3もそちらに案内していただきました。指定場所に停めて急いで受付を済ませました。
 今年は「ゼンケン№53」でした。早速ゼッケンを貼りましたが、すぐにピクニックラリーのドライバーズミーティングの時間でした。特に変わった事もなかったのですが、雨の為、スタート直後のタイム計測ポイントがキャンセルされました。

 恒例によりスタートから10台程度は、毎年OLDシトロエンが先陣を切るのですが、今年は生誕60年というか還暦というか?ですが2CVに敬意を表して№1から№10までは新旧の2CVです。スタート順の遅いS田は早いスタートのシトロエンを撮影するのがパターンになっています。

P5252153c 栄えあるゼッケン№1は症さんの2CVAZです。遠心クラッチ付きの425ccです。

 雨の中を定員乗車で快調にスタートです。

 一度、裾野秘密基地で助手席体験をさせてもらったですが(勿論、症さんの運転で)、これが速いんです。スピードを落とさないように、電光石火でシフトアップして、どんどんスピードをのせていきます。それと普通の2CVとはサスの柔らかさがまったく違うですが、コーナリングは不思議と安定しています。
P5252227c ラリーが終わって、特別な車両に対してインタビューがあったのですが、そのインタビューを終えて定位置に駐車するAZです。

 こういう前進・後退を繰り返す時のこのクルマの動きは本当に特別です。

 とにかく貴重な2CVです。(有り難や!!)

P5252154c 黒いボディカラーの地元石川ナンバーの2CVです。ゼッケンナンバー2番です。

 黒い2CVって意外と似合うってのを最近気が付きました。浜名湖GPでの2CVイベントにも黒の2CVが一台来ていたのですが、その時も”シック”で良いなあと思いました。

P5252230b 黒いボディに黒の幌ですと、ちょっと重たい感じにもなるかもしれませんが、頭を明るい色にしてやるととても良いと思います。

 S田もうちの2CVを塗り替えるとしたら、一つの候補色です。

P5252155b ゼッケン№3は山口ナンバー!の赤黒チャールストンです。そうです、昨年のあのクルマです。(謎笑)

 今年もお元気に御夫婦揃って遠路遥々懲りずにやって来てくれました。Y御夫妻です。何とかお顔が写らないかとチャレンジしましたが、S田の腕が悪く3の数字さえ読めません。(汗)

 助手席の奥様がS田目がけて?手を振ってくださっていたのに、本当に申し訳ありません。

P5252228c 罪滅ぼしにちゃんとした写真も…。(笑)
 ラリー終了後、Nee奥様も交え4人でしばらくお話したのですが、お二人のパワーというか、元気を頂戴しました。(お酒まで頂戴してかえってスミマセン)

 御主人は丁度今年が還暦ということで、何と2CVと「同い年」というわけです。ずーっとT社の車を乗り続けていたYさんが息子さんの影響で2CVに乗るようになって、FTPのような楽しいイベントに参加されるようになった。奥様もとても2CVのことをお好きでいらっしゃいます。奥さまは2CVに乗ると気持ち良くて、すぐ寝ちゃうと伺いました。来年以降も2泊3日以上のゆったりプランで、連続参加して頂きますよう主催者になりかわりましてお願いします。
P5252156c 続いての赤黒チャールストンは栃木ナンバーのゼッケン№4の2CVです。10台の内で一番S田的に親近感を覚えたのがこの車です。

 「私の目指す道はコレだっ!!」

 「これしきゃナイッ!!!」

 そう思いました。絶妙のヤレ具合。本当の2CVはこの雰囲気です。(笑)

P5252229c この2CVが、2CV業界で名高いアノお方のお車でしょうか?

 尊敬申し上げ、この道を追求していこうと思っています。うちのグレーツートンのこれからの参考とさせていただきます。

 明日からもしばらくは2CV特集となります。

 

 

|

« FTP報告(4) | トップページ | FTP報告(6) »

コメント

お疲れさまでした。
書き込みが遅くなり、どうもすみません・・・帰ってから、片付けして自分のブログを何とかしてと、色々やっていたら、昨日疲れがどーっと押し寄せてきました。すぐ出て来ないのは年のせいです(涙)。
症さんのAZで町田から調布まで送ってもらった事があります。ウチの以上に「もきゅもきゅ」していて、ほんと気持ち良かったです。それぞれの2CVが個性的で、とても楽しめましたね。続きのレポートも楽しみにしています。
で、GS(笑)。
私の「反対する理由がない発言」から、何を勘違いしたのか。連れが風呂場でGSの本を見ながらワクワクしてます。(風呂場で読書はウチの習慣です)私は買ってあげられませんよ〜(汗)。せめて宝くじで頑張るくらいしかできませんが、夢は大事に温めておくことにします。

投稿: はきこ | 2008年5月30日 (金) 19時46分

はきこさん、弊Blogへの書き込み有り難き幸せです。

>ウチの以上に「もきゅもきゅ」していて、ほんと気持ち良かったです
「もきゅもきゅ」うーーむ、良い表現です。違うのは明白ですが、言葉で表すのは難しいのです。これはグゥーーな新表現です。

>連れが風呂場でGSの本を見ながらワクワクしてます
S田も風呂での読書大好きです。時々、寝ちまって本を濡らしてしまいますが。(汗)
えー、GSですが「願いは叶う」です。願いませう。(笑)
30分程前、FTPのGS世界大会に参加予定なのに雨で途中で引き返した(しかもトゥインゴ)飛騨のGS小父さんから電話があっていろいろお話しました。この方3台のGS/Aをお持ちです。(変っ!)
その気になったら「GS欲しいっ!!!」と宣言してみてください。お役に立てるかもしれません。(笑)

投稿: S田@遠すー | 2008年5月30日 (金) 20時58分

ゼッケン4番、親近感号です。
運転はしませんが、助手席での歌と踊りと睡眠を担当しております。

2CVを女性だと言い張ってキレイに磨く人も多い中、あの放ったらかし具合が
実生活と女性観を象徴していると思いませんか。
などと心温まる話題はさておき、
哺乳類額上助手席科に属するものとして
FTPではあまりキチャナイのも何だからとシートカバーをこさえました。
元からのシートにフトンカバーを被せただけというこのシンプルな作りが自慢です。
以前からのシートを取らずにどんどん上から被せるので、
地層というか頁岩というか、そうですね年輪といったところでしょうか。

先ごろ、そこに運転手が電気涼風シートを上に被せたので、
ただでさえ地層の肉厚なシートが更にカサを増し、
座高が激しく高くなって運転席から前が見えないという
パンチの効いた結果になりました。
物質文明の快楽が招いた悲劇ですね。
と言うより、元のシートはがせって話ですが。わっはっは。

投稿: 佐茂有南 | 2008年6月 2日 (月) 08時46分

いくらなんでも、シートをどんどん重ねちゃダメですね。
そりゃ座高どころの話ではありません。
間違えました。
重ねているのはカバーです。
あたりまえですが。

いっそ豆乳鍋の湯葉みたいに、
シートカバーが勝手に出来ちゃうシステムだといいのに。
ナマ臭いけど。

投稿: 佐茂有南 | 2008年6月 2日 (月) 08時55分

佐茂有南 様

ヘボBlogへお越し頂きまして恐悦至極に存じます。

>FTPではあまりキチャナイのも何だからとシートカバーをこさえました
このカバー、じっくり現地で観察しておりました。うちのも前オーナー様のお手製のカバーなんですが運転席はボロボロでして、何とかしたいと思っておりますので「この手でいこう!」と思ってます。
嫁に「シートカバー造ってクレナイ?」とお願いしても無視されるだけですし、予算は無いし…。(泣)

>いくらなんでも、シートをどんどん重ねちゃダメですね
そうか!どんどんカバーの上にカバーを重ねていけば良いのですね。シートのゴムが切れようが、シートカバーの重なりが絶品ソファーのような絶妙な乗り心地を創るのですな?(笑)

今後も「先達のお教え」を拝聴したいと念願しておりますので、何卒ヨロシクお願いします。

投稿: S田 | 2008年6月 2日 (月) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/41371430

この記事へのトラックバック一覧です: FTP報告(5):

« FTP報告(4) | トップページ | FTP報告(6) »