« 卓球世界選手権(団体)広州大会 | トップページ | 世界卓球(まとめ) »

2008年3月 1日 (土)

惨敗!だったのか?

W1 準決勝のシンガポール戦は残念ながら0-3と完敗に終わりましたが、惨敗だとは思っていません。ひとつ間違えれば勝てた試合だったとも言える内容でした。(負け惜しみではなく)

 まず日本の出場選手ですが、奇襲にも見える1番への石川佳純選手の起用と福原愛選手の3番です。石川選手はシンガポールのエース(世界ランク6位)に勝った実績があって、逆に愛ちゃんはシンガポール選手との対戦で結果が出ていないし今大会での調子もイマイチだった事からの監督の決断だったと思います。
 石川選手は良くやったと思いますし、相手もやり難そうでしたのでチャンスはありました。1セット目を獲っていたら結果は変わっていたかも知れません。敗因は石川選手が絶好調ではなかった事と、世界選手権の団体戦の準決勝の1番というプレッシャーに勝てなかった事です。相手の世界ランク6位の選手もとても固くなっていました。世界ランク143位の格下であって、しかも一度負けている石川選手とは凄くやり憎かったはずです。さすがの石川選手も固くなっていましたので、平野選手を1番起用での2番手が適任ではなかったか?と思いました。

W5 2番の平野選手はこれまで全勝と絶好調でしたが、その絶好調をもってしても歯が立たなかったと言える内容でした。でもひょっとしたらという場面は1,2セットではありました。どちらかのセットをとっていたら、世界ランク8位の相手を慌てさせることが出来たかもしれません。
 ランク上位の相手に勝つには、「こちらは絶好調!相手は絶不調!」または「相手は精神的に追い込まれた!」という状況でないと難しいですね。平野選手は石川選手の敗戦により「どうしても勝たなくては」となって相手を楽な気持にさせてしまいました。調子のあまり良さそうでなかったシンガポールの1番の選手が相手なら、全勝の勢いをストレートにぶつけて勝てたかも知れません。

 3番の愛ちゃんは「何が何でも勝たなくては」というプレッシャーと「格下に負けられない」という気持ちに負けてしまったのだと思います。技術的に言えば、相手の得意な打ち合いに応じてしまって、自分の得意のコンビネーションプレーに持ち込めなかったのだと思います。チームを勢いづけるために力でねじ伏せようと強引に行きすぎました。相手は、チームは既に2勝して「自分は負けてもOK!思い切ってぶつかろう」と思っていて気楽ですから、いつも以上の出来だったと思います。愛ちゃんのスピードにのった返球もそれ以上の反応で返されていましたから、手の付けられない状態でした。
 S田も一度だけ経験があります。2年の秋の新人戦の団体戦で「へぼチーム」の一応エース格だったのですが、自分に「卓球の神」が降りた状態になったようになりました。どんな難しいボールも打ち返せますし、体は自分でも不思議なくらい良く動きました。練習でも滅多に成功しないテクニックも全て完璧にこなせました。相手が不思議なモノを見るような眼をしていたのを思い出します。でもそれは一度だけでした。その後も同じように練習していたつもりですが、その後の試合ではチームに迷惑を掛けるばかりでした。練習の時の力が出せない選手になってしまいました。「神が降りてきた」経験は後にも先にもその時だけです。(笑)

 「閑話休題」

 昨日の話題、福原愛選手は今大会凄く頑張っているというお話の続きをします。「天才卓球少女」と小さい頃から言われた愛ちゃんですが、S田から見ると彼女は天才なんかでなくて「努力の人」なんです。決して体力的にも肉体的にも恵まれたとは言えない彼女は、自分がどうしたら世界で戦える選手になれるのかを自分で考え、そして周りの意見も冷静に取り入れ、凄い練習をし続けたのだと思います。そうして世界ランク9位までたどり着きました。パワーで負けている相手に、スピードとコンビネーションと凄い精神力とで勝ち抜いてきました。愛ちゃんの試合(世界レベル)に大差の楽勝はありません。いつも大接戦を際どく勝ち抜いていくのです。
 今大会の直前には故障もあって万全な体調ではなかったと聞いていますが、日本の卓球の人気は愛ちゃんが頼りですのでいつもの様に明るい愛ちゃんでないといけません。そういう面でも負担は大きかったと思いますが、本当に良くやったと思います。いくら褒めても褒めたりないです。

 今年は北京五輪の年です。愛ちゃんも自力で参加資格を既に獲得しています。団体戦の重圧から解き放たれ、チャレンジャーとして挑戦する愛ちゃんに注目したいと思っています、それと全日本女子シングル王座も一度は獲っておかないとね。

PS:天才肌の選手は女子では石川佳純選手、男子では水谷準選手です。彼らは体がしなやかに動いてボールへのタッチが本当に柔らかくいのです。(愛ちゃんはちょっと固いです)今日の男子準決勝の水谷選手の柔らかさをご覧になってみて下さい。全日本男子シングルを連覇した恐るべき高校生です。

|

« 卓球世界選手権(団体)広州大会 | トップページ | 世界卓球(まとめ) »

コメント

 ご無沙汰してます。
 S田さんも卓球をやられていたのですね。私も、中学高校と卓球をやっていて、高校の教員になってからも、卓球部の顧問をしてます。自分がやっていたときにも、生徒達を見ていても、誰でも、1度は「卓球の神様」が降りた状態になりますね。何をやっても入ってしまうという。
 昨日、男子の韓国戦を見ましたが、負けてしまいましたが、やっぱり、水谷準はすごいです。韓国選手に勝てなかったのはちょっとした体力の差だけです。体力アップしたら、「卓球の神様」が降りなくても世界チャンピオンになるように思います。

投稿: WILE.E | 2008年3月 2日 (日) 09時45分

WILE.Eさん、コメント有難うございます。

>誰でも、1度は「卓球の神様」が降りた状態に
そうですね。一般人は一度だけですねえ。(涙)
強い人は、神が降りた状態とそうで無い時の差が少ないのでしょうが、格上の選手をやっつける時には神様のお助がないと…。

>やっぱり、水谷準はすごいです
本当にすごいです。難しいプレーを簡単にやってしまいます。絶対天才です。ドライブの威力が増せば、世界チャンピオンになれそうな気が…。来年の横浜の個人戦に間に合うでしょうか?

それと水谷選手は地元静岡県は磐田市出身です。
横浜とドイツで素晴らしい指導者に恵まれたようですね。世界で戦うには英才教育でないと無理?天才に最高の練習環境があって初めてあんな選手が生まれるのか!?

投稿: S田 | 2008年3月 3日 (月) 17時16分

福原愛筆頭に各選手もがんばりましたが、銅メダル。悔しいでしょうね。
これをバネに次は金が欲しいです。

投稿: としき | 2008年3月 5日 (水) 19時46分

としきさん、はじめまして。
コメント&TB、有難うございます。

>銅メダル。悔しいでしょうね。
>これをバネに次は金が欲しいです。
男女とも、銀メダルは近いのでは?と個人的に思ってます。残念ながら中国との差はかなり大きいと思います。
例えて言えば、男子の水谷選手のような天才が3人いて、生活の全てを卓球に注ぎ込むようなことでないと難しいような気がします。

男子の準決勝(韓国戦)の応援をしていた無邪気な愛ちゃんの笑顔が忘れられません。

投稿: S田 | 2008年3月 6日 (木) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/40321776

この記事へのトラックバック一覧です: 惨敗!だったのか?:

» 世界の壁は厚かった…by福原愛。 [プールサイドの人魚姫]
心臓を患っているこのわたしが人に自慢出来る唯一のスポーツが卓球。養護学校で中一の時、ある先輩の女性が見事なラリーを展開しているのを見てから、わたしの中に眠っていた運動能力が目覚めたのである。 誰からも教えを受けずイメージだけでいつの間にか卓球がわたしの中で... [続きを読む]

受信: 2008年3月 5日 (水) 19時52分

« 卓球世界選手権(団体)広州大会 | トップページ | 世界卓球(まとめ) »