« DSM10 | トップページ | 「おまけ」につられたのか!? »

2007年11月14日 (水)

DSM10(続編)

Pb111539b N村尊師の、「アッシュにラビット・スクーター積み終わるの図」です。積み込み用の板の用意もばっちりで流石でございました。

 アッシュならこんな事も楽々ですし(背が高い)、本来の使い方ですね。
 S田のBlog用のネタにまで配慮いただきまして、まったく多謝でございます。(笑)

Pb111547b 今回のDSMには2台のGS/Aが参加されていました。2台とも関東方面からでしたが、じっくりお話を伺うことが出来ました。

 このベージュのGSAパラス(右)は今年の7月に個人売買で入手されたばかりのお若い方でした。前オーナーさんの愛情で錆もなく内外装とも、とても良い状態でした。

Pb111525b GSAベージュのエンジンルームです。この頃の右ハンドルのGSAは日立製の排ガス対策システムが付いていますので大分眺めが違います。

 クーラーも付いていて、コンデンサはエンジンの前についていてその辺もX3とは違います。

Pb111527b もう一台のグリーンメタのGSのエンジンルームです。こちらは排ガス規制の前なので余分な補機や配線・配管もなくスッキリとシンプルです。

 オーナーさんは新車から乗り続けられているそうです。旧い車の車検が1年毎になった時から10年程冬眠させた時期があったそうですが、とても好調そうでした。こちらのオーナーさんからは、パーツの購入先(イギリス)の名前を伺ったのですが、メモを取り忘れ失念してしまいました。
 このBlogも見ていただいた事があるそうですので、また教えていただけると嬉しいです。(汗)

Pb111512b こちらは目茶キレイなSMのエンジンルームです。

 とても特異な眺めです。いろんな線や管が複雑にうねっております。見るからに大変そうです。(汗)

Pb111535b こちらはCXターボのエンジンルームです。

 大分、整理整頓されているように見えますが、手の届かない奥のほうにいろんなモノが隠されておりましたので、やっぱり大変みたいです。

 整備性は考慮しないのがシトロエンの伝統でしょうか?(汗笑)

Pb111536b もう一台のCXターボのエンジンルームです。使われている材質とかが大分変わっています。改良をしようという意欲はあるようですが、整備性は変わっていません。

 ある意味、エンジンはエンジンルームに押し込むモノという考えは現代まで変わっていないかも知れません。

 この日は「つま恋」にも縁のあるK山氏から、エンジニアとしての貴重なお話も沢山伺う事が出来ました。そのお礼と言ってはなんですが、次期FXも検討中のK山氏にシトロエン浜松にある某車の情報をお教えしました。すると即行かれるという事になりまして、二人だけのDSM二次会の開催決定となりました。そう言う訳で、地元なのに早めに失礼してしまいました。

 同じ頃、「つま恋」を出ましたが、シトロエン浜松には2CVのが早く到着しました。
 やっぱり、うちの2CV俊足だなあ!?(謎笑)

 某車はS田も欲しくなるエエ感じでした。(kamakamaさん、情報ありがとうございました)

|

« DSM10 | トップページ | 「おまけ」につられたのか!? »

コメント

SM・・・補機類(ハイポンプ・メイン球他)が前に露出してるので日常メンテはラクです。難儀なのは・・定期的に要求されるタイミングチェーン交換タイミング二次チェーン張りが大変かと・・しかい、今は対策方法があるようです。ハイドロはDs・GS・GSA・Cxと同様、大変信頼性が高いです。ネックはエンジン部品が高価な事でしょうか・・。

投稿: Tゐ | 2007年11月14日 (水) 21時31分

Tゐ殿

ご高説、勉強になりました。(笑)
SM…シトローエンとマセラーティが創ったスーパーカーですので今迄縁も無く、無知であります。エンジンルームの見た目(秩序なくつながった線や管?類)で判断してました。(滝汗)

タイミングチェーンの件はどこかで聞いたよーな??

どちらにしても一番恐ろしいハイドロシトロエンだと思って、極力近づかないよーにします。ハイ!

投稿: S田 | 2007年11月15日 (木) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/17069708

この記事へのトラックバック一覧です: DSM10(続編):

« DSM10 | トップページ | 「おまけ」につられたのか!? »