« FTP報告(6) | トップページ | FTP報告(8) »

2007年6月 2日 (土)

FTP報告(7)

P5270961c 今日6月2日は「2CVの日」だそうです。 

 さてFTP報告に戻りまして、皆さんが小沢コージさんと夏木陽介さんのトークショーを楽しんでおられた頃、S田は一人で楽しんでおりました。(謎)

 ある意味今回のFTPでの個人的収穫という意味では一番だと思っているのが、この車とオーナーさんにお会い出来た事です。

 オーナーさんは「フィーバーさん」とおっしゃる方で会場近辺にお住まいです。実は前回のCCMに遠路はるばるお見え頂いたのですが、その時はもう一台のルノー・キャトルで参加でした。

 ですからFTPに正式に参加する事に決まった後、メールで再会のリクエストを発信したところそれに応えて頂けたという訳なんです。

P5270963c この車は日本への正規輸入車ではなく、3年程前輸入された1983年?ドイツ仕様のGSA1300ブレークのCLUB、5速MTという大変珍しい車です。

 日本に来た後、「プロヴァンス・ガラージュ」さんでレストアされた車だそうです。

 外装もリペイントされたようでピカピカですし、内装もシート張り替えてあるのではと思う程良い状態でした。

P5270966c 何より魅力的なのは、日本の排ガス規制を受けていないヨーロッパ本場仕様のエンジンが載っていると言う事です。写真をGSAオーナーさんが良く見られれば一目瞭然だと思います。余計なモノが一切付け加えられていないシンプルなエンジンルームです。

 日頃S田が疑問に思っている点火方式はこの車はポイント式でした。

P5270968c エンジンルームのオマケ写真です。GS/Aの場合、エンジンルームにあるスペアタイヤの窪みにLHMボトルを入れるのがお約束なのですが、このドイツ仕様には、こんなLHM専用スペースが用意されています。

 確かSMなんかにも良く似たモノがあったよーな気がしますが…。

P5270972c 運転席周りはほぼ同じですが、一つだけ違う箇所がありました。それは写真を良く見て頂けると判別出来ると思いますが、本来?ボビン式のタコメーターの位置がアナログ式の時計になっているのです。

 それに伴って左下のデジタル時計の位置にはグレードを示す「CLUB」の文字があります。

 それとステアリングの状態がすこぶる良いです。うらやましい。(笑)

 このブラウンのステアリングはゴーヤ状に溶けてしまう個体が多いと思っていたのですが、強ちそうでもないみたいですね。S田もヨーロッパで中古品の程度の良い物を探してみようか?と思います。

P5270969c これはドイツ登録を証明するドイツ語らしき車検証?です。結構詳しい事書いてありました。タイヤサイズ位しか理解出来ませんが。(爆)

 さて、フィーバーさんのお言葉に甘えて試乗させて頂きました。まずはフィーバーさんの運転で広い所まで出ます。助手席で感じた事。全てスムーズで軽やかです。S田のX3はセカンドオーナーさんがマフラーをミニのスポーツタイプの物に変えておられますので、やや元気の良い音がしています。

P5270970c ドイツ車検証の裏?です。(どちらが裏/表?)

 途中で運転を替わっていただき、いよいよ走らさせて貰います。(喜)

 第一印象は、エンジンが目茶苦茶スムーズで、しかも下からトルクがあって、とにかく気持ち良いエンジンです。S田のは特に下のほうで息つきがある感じですが、この欧州の本場仕様は軽く回って、しかも力もあるという感じです。
 シフトストロークが気持ち大きいような気がしましたが、気のせいかも知れません。
P5270971c ハイドロの具合もS田のX3よりヘタリが少なくて、これまた少々スムーズだと思います。サスの異音もまったくありません。走行キロが大分少なかったでしたから、それも大きな理由かも知れません。

 ちなみにミラーの形状もまったく別物でした。

P5270973c あまり気持ち良いので、どこまでも走って行きたくなりラリーコースを途中まで走ってしまいました。少し引っ張ってやると、なんて言うか?かるーく加速します。とても気持ち良いです。
 結論的に言うと素晴らしいGSAブレークです。その魅力の多くは本場仕様の排ガス対策から逃れたエンジンの力です。ハイドロサスが同じ気持ち良さを持っていると仮定した場合、エンジンの魅力にによって車の印象はこんなにも変わるのか??と強く感じました。
 欧州から中古車輸入を考えてみようか?と良からぬ事を夢見てしまった程です。(滝汗)

 素晴らしい体験をさせて頂きましたフィーバーさん、本当に有難うございました。これからもよろしく情報交換お願いします。

 それと、今度は必ずS田のGSA/X3にも乗ってくださいネ。(笑)

 最後に、このGSAブレーク乗せて貰いに行く時「じみさん」探したんですよ。T井氏にお願いして携帯に電話もして貰ったんですが、繋がりませんでした。
 でもお近くだから、直ぐに遭遇出来ますよね?!(笑)

 
PS : 奥飛騨キャンプにGS/Aが集まれると良いなあと思ってますよ!

 もう少し 続く (汗)

|

« FTP報告(6) | トップページ | FTP報告(8) »

コメント

S田さま
こんにちわ
いつも楽しく拝見しています。
GSAブレークが、「プロヴァンス・ガラージュ」さんで売りに出ていたのは知っていましたが・・・
FTPで拝見できたんですね~(思わず、よだれが出ちゃいました。笑)
2000GTも写真に登場していましたよ~
駐車中のものは過去に何回も見ているのですが(フェラーリよりオーラ有りました。)
動いている 生2000GTを見たことがないのです。(すご~~い)

投稿: たーぼまん | 2007年6月 3日 (日) 00時08分

S田さん、こんにちは。
先日はどうもありがとうございました。

キャトルに取り付けてあるタコメーターを取り外してGSAに仮付けしました。
7000回転まで回ると聞いていたので、
今まで音とフィーリングの勘に頼って回していましたが、
だいたい予想どおりでした。

各ギアの回転数とスピードとの相関関係を嫁と二人で決死の思い(笑)で
データをとりましたので、あとでメールしておきます。

また。ヨロシクです。

投稿: フィーバー | 2007年6月 3日 (日) 10時15分

たーぼまんさん、こんにちは。

GSAブレーク、内外装の程度が素晴らしいのは勿論なんですが、エンジンにKOされました。マジで本国仕様を輸入したいです。(笑)
よだれ出ますよねー!

2000GTもスゴイです。でも聞いた話では、最初のエントリは別の車だそうで、その車が不調になったので替わりに乗ってこられたのがあの2000GTだそうです。どういうオーナーさんでしょうか?(驚)

投稿: S田@遠すー | 2007年6月 4日 (月) 09時09分

フィーバーさん、コメント有難うございます。

FTPでの試乗本当に楽しかったです。
次回こそ、うちのX3に試乗してみてください。

S田はエキゾーストバルブの欠け事件の後は、上のほうではつい右足にセーブの気持ちがでてしまいます。甘やかし過ぎも良くないですが…。(微汗)

メール拝見しました。自分のいい加減で大雑把な数字とはまったく違う詳細なデータです。奥様のご協力に感謝です。

別件また、直メールしておきます。

投稿: S田@遠すー | 2007年6月 4日 (月) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/15288352

この記事へのトラックバック一覧です: FTP報告(7):

« FTP報告(6) | トップページ | FTP報告(8) »