« 浜松輸入車商談会(3) | トップページ | 浜松輸入車商談会(5) »

2007年2月 9日 (金)

浜松輸入車商談会(4)

P2040645b 復活してきたフォード・マスタングです。手前がコンバーチブルで、奥の黒のボディカラーのは素のクーペです。素のクーペは4LのV6エンジンで390万円だそうです。結構お買い得な価格だと思います。S田の世代は初代が現れた頃、憧れたモノです。このマスタングを日本風にトヨタが解釈したのが初代セリカという訳です。これも初めて見た時単純にカッコイー!と思いました。

P2040646b シートに座らせて貰いましたが、インパネ周辺にはそこはかとなくコストダウンの影が見えました。でもこれはこれで潔いと思いますが、日本でのセールスという事を考えると難しいかもしれません。

 大排気量エンジンで流して走るというスタイル自体が旧いと感じてしまします。(新車の)
 リアルに旧いアメ車を転がすのは、良い雰囲気だとは思うのですが…。

P2040616b こちらはドデカイです!同じくフォードの「エクスプローラー/スポーツトラック」だそうです。「今初夏日本発売予定」です。エンジンはマスタングと同じやつみたいです。

P2040656b  なまじこんな車のほうが人気が出るのかも知れません。レギュラーガソリンでOKだそうですが、リッター何キロ走るんでしょうか?これにも座ってみましたがムスタングよりgoodな気がしました。何となくですが…。(汗)

P2040603b デカイ車つながりで、イギリスから参加のランドローバーの「ディスカバリー3」です。先代から比べると大分高級になってトップモデルたるレンジローバーとの差を詰めたと思います。デザイン的にもブランドとしての統一感がより強くなったと思います。(展示は旧型だったけど、新型のフリランダーも含めて)

 この4駆メーカーの車は何か上品な感じがするのですが、英国貴族の世界から生まれた歴史によるものなんでしょうか?
 やはりS田にはデカ過ぎますが。

 明日の最終回へ更に続く。(汗)

|

« 浜松輸入車商談会(3) | トップページ | 浜松輸入車商談会(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/13845571

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松輸入車商談会(4):

» ディスカバリー3 LANDROVER DISCOVERY_3(ランドローバー) [クルマ選び口コミ情報サイト:ブログでbuu!]
「ディスカバリー3 LANDROVER DISCOVERY_3(ランドローバー)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比... [続きを読む]

受信: 2007年8月21日 (火) 09時08分

« 浜松輸入車商談会(3) | トップページ | 浜松輸入車商談会(5) »