« 越後妻有アートトリエンナーレ2006 | トップページ | ミッドランド・シトロエン・ラリー(リザルト編) »

2006年9月13日 (水)

渡辺貞夫

 渡辺貞夫のライブに(9/12)行ってきました。これもツライ仕事の一部です。(謎笑)

 浜松シーサイドゴルフクラブのパインテラスで、毎年恒例のライブイベントになっているそうですがS田が出掛けたのは初めてです。
 ゴルフを1ラウンドして、風呂に入って、美味しいディナーバイキングの後、「ナベサダのライブ」なんてバチが当たりそうですね。

 バチが当たりました!!

 ゴルフは気持ち良いシャワー程度で快適にラウンド出来たのですが、ライブの始まる7:45頃はしっかり雨降り状態でした。しかし、屋外雨天決行です。簡単な雨合羽とバスタオルを渡されまして、指定のイスに腰をおろしてライブ開始です。

 最初は雨にぬれてのジャズライブも風流だなんて、余裕でしたが。雨脚は強くなるばかりでその内土砂降りです。時折強めの風も吹いてきます。ナベサダさんも苦笑いして「ボクは晴れ男なんだけど?」と言ってましたが、S田の晴れ男伝説は車関係しか神通力は発揮できないみたいです。orz

 S田は根性無しなので、パンツも浸みてきたのに堪えきれず屋内に非難しました。ミュージシャンはテントの下での演奏ですが、吹き込んでくる雨に電気楽器の心配もあって、MCもはしょって曲数もややショートカットして、「このあたりで勘弁してください」とスピード終了でした。しかし、9月の雨ですからこんな「雨中ジャズライブ」も印象深い記憶に残るコンサートとなりました。

 

|

« 越後妻有アートトリエンナーレ2006 | トップページ | ミッドランド・シトロエン・ラリー(リザルト編) »

コメント

ここのところ,急に寒くなってきましたので,風邪など引かれませんよう,お気をつけ下さい。
ナベサダさん,3年前に職場に来てくださいました。
写真でしか見かけたことがなかったのですが,とっても気さくな方でファンになりました(サインもいただきました)。
雨中のライブ敢行,達者ですよねぇ。

投稿: コミューン | 2006年9月13日 (水) 21時31分

s田さん、

渡辺貞夫なつかしいです。
My Dear Lifeが流行った頃にコンサートに行きました。
Lee Ritenour, Dave Grusin, Harvey Mason...キラ星のようなメンバーでした。

投稿: savoy | 2006年9月13日 (水) 22時01分

コミューンさん、こんばんは。

ラウンドを終えてクラブハウスへ戻ったら、目の前にピンクのボタンダウンのシャツの渡辺貞夫さんがいつも笑顔で立っていました。握手をして貰いたかったのですが汗臭いS田は遠慮してしまいました。(笑)

ディナーバイキングでも、横に並んで料理をとったり、席がすぐ近くだったので聞き耳を立てていました。

勿論、雨中ライブも素晴らしかったです。

投稿: S田@遠すー | 2006年9月13日 (水) 22時49分

savoyさん

やっぱり生の音はたまりませんね。
天気が良ければ最高の雰囲気で盛り上がったと思います。来年は月明かりののなかで、じっくり聞いてみたいです。

投稿: S田@遠すー | 2006年9月13日 (水) 22時53分

こんにちは。

屋外だとどうしても天候に左右されちゃいますねー。
暑すぎてクラクラってのも問題ですし・・・。

>savoy さん
リトナーにデイヴ・グルーシン、ハーヴィー・メイソンですかぁ~っ!!!
貞夫さんも含めて、それぞれ単独のライブに行きたいくらいです(^^)

投稿: 中埜実(亀井) | 2006年9月14日 (木) 05時05分

なかのさん

室内にスペースがあれば、会場を変更を検討したいような天気でした。日中のシャワー程度の雨なら気持ち良い位の気温なんですが…。
ちょっと雨量多すぎでしたっ!(泣)

ゴルフ用のレインスーツで完全武装すれば良かったみたい。小降りになりそうな雰囲気もあったりして、屋外のイベントの難しさを痛感しました。

主催者は本当に大変だったと思います。

投稿: S田@遠すー | 2006年9月14日 (木) 17時21分

中埜さん、

ジャコパストリアス、スティーブガッド、マイケルブレッカー、チックコリア あたりはどうですか?
ライブもスタジオ並みの演奏なのが凄いんですよね。

投稿: savoy | 2006年9月14日 (木) 22時36分

こんにちは。

>S田さん

>屋外のイベントの難しさを痛感しました。
CCMは・・・、晴れ男S田さんですから大丈夫ですよね(^^)

>savoy さん
もうみなさん素晴らしい方々ばかりで・・・、鼻血出そう(爆)
“いい音楽”と“いいクルマ”、私にとっては麻薬です(大汗)

投稿: 中埜実(亀井) | 2006年9月15日 (金) 05時49分

savoyさん、こんばんは。

渡辺貞夫のジャズはS田みたいなド素人にも解かりやすい系統ですね?

うまく言えませんがメロディラインがきれいな感じで、素直に楽しめました。

投稿: S田@遠すー | 2006年9月15日 (金) 21時56分

なかのさん、こんばんは。

CCMは大丈夫?…のはずです。
辛うじて晴れ男伝説は維持できていると思い込むよーにしています。

どーか、よろしく! (良くわからんけど??)

投稿: S田@遠すー | 2006年9月15日 (金) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/11876095

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺貞夫:

« 越後妻有アートトリエンナーレ2006 | トップページ | ミッドランド・シトロエン・ラリー(リザルト編) »