« ミッドランド・シトロエン・ラリー報告 | トップページ | 越後妻有アートトリエンナーレ2006 »

2006年9月 8日 (金)

ミッドランド・シトロエン・ラリー(チェックポイント編)

2006_09_mcr0007 ラリー車の列は山深く進んでいった時、S田組に異変が起こりました。
 なかの「第1CPをチェックしてなーーい!!」
 S田「そんなん、何処にあったのー??」
 なかの「オドメーターCPの先あたりにあった模様??」
 なかの&S田「しょぼぼぼーーん?」

 どうも昭和の森にあった第1CPをスルーしてしまったようです。「どないしまひょ?」

2006_09_mcr0013 高速に乗っての鞍ヶ池ハイウェイオアシスの第2CP、「どんぐりの湯」での第3CP、「くしはら」看板での第4CPを苦労しながらも何とかやっつけて、やってきたのが写真の矢作第1ダムです。ここへ来るまでCP以外にも苦労させられるクイズがたーんとあったんです。そこはS田組の知力・能力を絞りきって何とか対応してきました。

 やっぱり問題は第1CPのスルーミス。どうしたら良いのか?S田組!?

「そうだ、もう一度第1CPへ行けばいいんだ。」そう決断したS田組は、ダム湖のワインディングロードをさながらWRCのローブ選手の如く、鬼神の走りで駆け抜け、TAMへ一位フィニッシュしたのであります。(汗)

 そしてひと休みの後、「何処へ行くんですか?」のオフィシャルの声には「ちょっとそこまで!?」。「どの位で帰れますか?」には怪しく「30分くらいで!??」と応えて、ミスを取り返しに出かけたのです。(滝汗)

 最終結果に続く。

|

« ミッドランド・シトロエン・ラリー報告 | トップページ | 越後妻有アートトリエンナーレ2006 »

コメント

いやー第1CPは難しかったですよね。

最後の方でのスタートだったのと
第1CP前に道を間違えそうになり
ちょっと慎重に走行したため
(前のしゅんさんのC5ブレークについて行ったという説も…)、
なんとか通り過ぎずにチェックできました。

その時点で何故か逆方向から戻ってくるシトロ数台。
皆、通り過ぎて戻ってきていました。

仲間はたくさん居たのでは?

投稿: マサラッキ | 2006年9月 8日 (金) 23時29分

こんにちは。

もうほんと、あのミスに気づいたときには涼しいのに冷や汗ダラダラでしたよぉ~(滝汗)

S田さんの、鬼神の激走と、その走りにも全く悲鳴を上げなかったGSA/X3に大大大感謝でありますっ!!!

投稿: 中埜実(亀井) | 2006年9月 9日 (土) 06時35分

マサラッキさん

土、日と遊び歩いていたので遅レスでスミマセン。

S田は見えにくいGSAのオドメータを老眼で確認するのがイッパイ・イッパイでした。(笑) 第1CPを後から確認に行った時、非常にさりげない目印だと実感しました。

実はオドメーターCPを過ぎたところで、先行していた緑ピカソが停まっていたのを追い抜いたのですが、「何でこんな場所で停まってるんだろ?」と思った間抜けなS田でした。

投稿: S田@遠すー | 2006年9月11日 (月) 17時19分

なかのさん

でも、あんな風なミスを取り返すべく努力するような事があったほうが面白いですね。

2位入賞はなかのさんのお陰です。

来年があれば今度はクサラVTSで、ドライバー・ナビ交代して参加しましょう!(マジで!!)

投稿: S田@遠すー | 2006年9月11日 (月) 17時24分

こんにちは。

>ミスを取り返すべく努力するような事があったほうが面白いですね
そうかもしれませんが、あのワインディングでノンアシストのステアリングは辛くなかったですか??

えっ!?来年はクサラVTSで???
ふわはははは。全く自信ないんですけど(滝汗)
でも、たまたま昨日(12日)、JAFラリー東日本シリーズにナビで参戦している友人に会う機会がありましたので、“試走車との距離差が出にくい走り”を教えてもらいました(爆)

投稿: 中埜実(亀井) | 2006年9月13日 (水) 05時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/11812736

この記事へのトラックバック一覧です: ミッドランド・シトロエン・ラリー(チェックポイント編):

« ミッドランド・シトロエン・ラリー報告 | トップページ | 越後妻有アートトリエンナーレ2006 »