« 大地の芸術祭 -越後妻有- (4) | トップページ | 大地の芸術祭 -越後妻有- (6) »

2006年9月26日 (火)

大地の芸術祭 -越後妻有- (5)

2006_09_etigo0053 「おふくろ館」はこんな小高い丘の上にポツンと建っていて、周りには何にもありません。この日は目茶苦茶暑い日で、外にいるだけで参ってしまうよーな感じでしたので、早めにチェックインしました。

 こちらは「縄文の湯」と言う名前が付いた温泉があって、立ち寄り湯としても利用できるみたいです。

2006_09_etigo0050  外観はこんな感じです。こちらは第3セクター形式で運営されていて、「おふくろ館」の名前の通り、近所のおばさん達が近くで採れた野菜を中心にした料理を作ってくれる、ほのぼのとした公共の宿です。

 早速、汗を流した「縄文の湯」は湯船の大きさこそソコソコですが、無色透明の気持ち良い温泉でした。

 そして、楽しみにしていた夕食は本当に野菜尽くしでして、でも野菜の種類と様々な調理法で飽きさせず、マジで大変美味しくいただけました。熱々のこれも美味しい鮎が一匹あっただけで、あとはとにかく野菜だけ。これでお腹一杯になったのは初めてでしたねえ。
 それとご飯が美味しいですね。魚沼産コシヒカリですよ!まだ新米には少しだけ早かったのですが、「豆ご飯、美味しゅうございました!!」
 そうそう、忘れちゃいけない!酒も旨いんですよ。(へへ)
2006_09_etigo0056  これは朝ごはんの写真です。夕食の写真も撮りたかったのですが、嫁がカメラを食事場所に持っていくのは止めろと言うもので…。(残念です)

 ここは本当にお薦めします。愛想はありませんが、暖かいです。料金もお安いです。パスポートでの割り引きもあったせいか?二人で酒代コミで一万五千円ちょっとでしたから。野菜料理がお好みなら是非とも。

2006_09_etigo0051  朝は、敷地内にある写真の野菜直売所で採れたて野菜をお値打ちに買い求める事も出来ます。

 実はS田は、この直売所で朝掃除をしていたおばちゃんと少し話しをしたのです。

 S田「暑いですねえ。こちらはもう少し涼しいのかと思ってました。」

 おばちゃん「今年は特に暑いねえ。でもそうでないと、美味しいお米はできないんだよ。」

 日中がメチャ暑くて、夜になるとぐっと気温が下がる、この里山の棚田でないと旨い米は出来ないんだそうです。なるほど!

 しつこく続く予定。

|

« 大地の芸術祭 -越後妻有- (4) | トップページ | 大地の芸術祭 -越後妻有- (6) »

コメント

s田さん、こんばんは。

松之山温泉...石打ICから60分ですか、東京からでも結構ありますね。
冬は豪雪地帯でしょうから、来春行ってみたいですね。

投稿: savoy | 2006年9月26日 (火) 23時21分

savoyさん、毎度ありがとうございます。

「おふくろ館」は部屋とはあまり期待しないほうが良いと言っておきますが…。(8畳の部屋にTVと冷蔵庫があるのみ)

食事と近所のおばちゃんの人情に触れる宿としてなら、最高です。(笑)

S田は豪雪の松之山温泉に行ってみたくなりました。温泉街にはそんな魅力もありました。

投稿: S田@遠すー | 2006年9月27日 (水) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/12052580

この記事へのトラックバック一覧です: 大地の芸術祭 -越後妻有- (5):

« 大地の芸術祭 -越後妻有- (4) | トップページ | 大地の芸術祭 -越後妻有- (6) »