« CCJ夏のお泊りキャンプ | トップページ | 京都から奥飛騨へ(2) »

2006年7月18日 (火)

京都から奥飛騨へ

Gion01 飛騨での合宿に向う前、GSA/X3をAutoNeedsさんへ引き取りに行きました。丁度この7/16の日曜日は祇園祭の宵山です。折角ですから少し雰囲気だけでも久し振りに味わっておこうと少し早めに家を出ました。

 京都駅に着いたのが12時少し前、まず腹ごしらえです。京都駅付近では特徴あるラーメンを食べさせるお店が2軒あります。「本家第一旭 たかばし本店」と「新福菜館 本店」で、今日はどちらかの店でと思い駅から程近い2軒が並んでいる場所に到着。今日は新福菜館が行列がほとんど無い状態だったので、時間のないS田は迷わず入店です。でも店内はほぼ満席状態でして、4人掛けテーブルに相席となりました。座るか座らないかの内に注文を聞かれます。ラーメンの並をオーダーしたんですが、チャーハンも未練が残りました。チャーハンとラーメン小の組み合わせのほうが良かったか?と迷っている内に「並」到着です。噂通り真っ黒なスープで、具は乱れ切り?のチャーシュー(やや多め)とネギだけです。スープは見た目から想像するほどしょっぱくはありませんが、塩分多めの感じです。麺は柔らかめです。不味くはありませんが、S田的には通い詰めたい程のレベルではありませんでした。ただ、皆さんライスを一緒に注文されていた方が多かったので、このパターンならOKかもです。次回は隣の店もチャレンジしてみたいです。

2006_07_hidaoff0017_r1 食事を終え、地下鉄で四条に向います。祇園祭のお囃子が既に聞こえます。(録音ですが)四条の駅に着いて目的の「長刀鉾」の町家(ちょういえ)に向います。S田家では何年か前から京都に住む長女が祇園祭の縁起物である、「厄除けちまき」をずっと送ってくれ我が家の玄関でその効力を発揮してくれていました。その長女も今年の春、東京に転勤になりいつもの「長刀鉾」のちまきが手に入らないと諦めていました。しかし丁度良いチャンスですので、混みあう中をかきわけ、たどりつき聞いた言葉は「現在売れ切れ中です。1時間後に追加分が間に合う予定です。」との事、そんなに待っちゃあいられません。そして向ったのは烏丸通りを挟んで反対の西側に構える「函谷鉾」です。こちらで無事入手したのが写真の右側で、左が去年の「長刀鉾」のちまきと言う訳です。
 なぜかくじ取らずで毎年、山鉾巡行の先頭を努める「長刀鉾」のちまきの人気が高いようです。

 上の祗園祭のリンクから京都新聞のHPに飛べますので、動画なんか見てみると面白いです。

 今日はこの辺で、でわでわ。

|

« CCJ夏のお泊りキャンプ | トップページ | 京都から奥飛騨へ(2) »

コメント

こんばんは。
ラーメン大好きasn?です。

関西と聞くとソバやうどんのイメージから薄い色の汁を想像しますが、真っ黒なんですね...微妙に違和感が。

我が市にもラーメン横町みたいな施設が出来ましたけど利用されました?

ラーメンって人により好みが色々とありますよね。
ボクは細めのストレート麺が好きで味は塩です。
美味しい店を知っていますので機会があれば是非。
この店はチャーパンと餃子も良いお味なのです。

投稿: asn? | 2006年7月19日 (水) 00時01分

asn?さん、コメント毎度有難うございます。

ラーメン大好きですか?S田は麺類は全て好きですが一番は蕎麦かなあ?という感じです。

京都のラーメンと言うと、デパートなんかの「京風ラーメン」の薄いスープを思われる方が多いようですが、京都ラーメンは濃い醤油味とか、こってり豚骨系が多いようです。京料理の反動もあるのでしょうか?結構有名なお店が多くあります。

我が市のラーメン横町にはオープン最初の日曜日にどんな施設なのか見には行きましたが、最初から食べるつもりは無く、その後もチャレンジしておりません。(汗)

S田は醤油、塩、味噌なんでも好きですが、麺・スープ・具のバランスが取れたものが好みかな?
でも時々、うどん屋の和風出汁のラーメンが無性に食いたくなったりもします。(滝汗)

投稿: S田@遠すー | 2006年7月19日 (水) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/10999836

この記事へのトラックバック一覧です: 京都から奥飛騨へ:

« CCJ夏のお泊りキャンプ | トップページ | 京都から奥飛騨へ(2) »