« GSAX3は着々と | トップページ | XsaraPicasso »

2006年5月12日 (金)

XantiaV6

2006_04_sm0002 この写真はSpringMeetsのボランティアで担当していたサイスポの5kmコースから一般道への分岐点でのXantiaV6の写真です。これが元気だった最後の写真になりました。(涙)

2006_04_sm0001 先日すでにナンバーを外された状態のXanから積みっ放しだった荷物を引き取りにシトロエン浜松さんに行ったのですが、写真を撮る気にはなりませんでした。このXantiaがS田にシトロエンの扉を開いてくれ、更に楽しい泥沼に引きずり込んでくれたのです。

 こんなに早く別れが来るとは…、しかし既に9万キロを超えて不運なトラブルはいつ起こるかも分からないと準備をしていました。ある面ではSaxo導入がその表れでもあります。

 次の車を考える時、もう一度Xantiaを考えなかった訳ではありません。後期型のSX、ハイドラクティブではないやつにしようかとも考えました。新車にしたのは嫁対策です。シトロエンに免疫のない人に精神的に少しでも安心感を与える為です。嫁や家族にもシトロエンを好きになって欲しいからです。S田家のファーストカーが2代(2台)続けて立ち往生、即廃車という状況にはしたくなかったのです。S田にとっても停まらない方が良いに決まってますが、停まる事は別に何ともありません。プリウスでも停まります。(暴言!?)
 壊れない車より、楽しく面白い車のほうがずっと素敵です。でも、それを家族に押し付けても仕方ありません。そういうことが起きない様、出来る限り配慮して問題の起きる可能性を低くしてあげることがS田の勤めだと思うからです。

 明日、Picassoが来ます。S田家のファーストカーとしてシトロエン車として大役をしっかり務めてくれるでしょう、充分な楽しさと共に!!

 でも何年か先にもう一度、Xantiaを所有したいと真剣に考えているS田です。そういう素晴らしい車でした。

 有難う!! Xantia 又会う日まで

|

« GSAX3は着々と | トップページ | XsaraPicasso »

コメント

私は、今までXantiaはSXしか所有したことがありません。
94モデルと00モデルです。
94モデルも、これと言ったトラブルはエアコンのみで、新車購入で無事に6年14万キロ乗って、手放しました。
今の00モデルの青色号は、5年10ヶ月9万3千キロ、窓落ち以外のトラブルは起こってません。
Xantiaは、シンプルなSXが、壊れにくくていいですよ。
またXantiaに乗る機会があったら、SXがおすすめですよ!!(普通のハイドロだから、V-SXやEX、V6より玉の数も少ないですしね!)
では。

投稿: A.T | 2006年5月13日 (土) 01時59分

s田さん、おはようございます。

> 壊れない車より、楽しく面白い車のほうがずっと素敵です。でも、それを家族に押し付けても仕方ありません。

これは本当にジレンマですね。
CX買うならVitzの方がイイ。とか言われると
そういう比較は無いだろう。と思いますが、

しかし、まったくハンドルを握らない妻とすると、
できるだけ安く確実に運んでくれることが望みで、
乗り心地にしても椅子にしても新幹線並で充分なんですね。
返す返すも二台体制がうらやましいです。(笑)

今度XANに帰ってくる時は是非とも2Lで。
V6よりグッと軽い乗り味がお勧めです。

投稿: savoy | 2006年5月13日 (土) 07時29分

A.Tさん

S田のV6は。うちへ来た時既に6万3千キロ超えてましたから、いろんなリスクはある程度覚悟してました。選ぶ時に2Lと本当に迷ったのですが、享楽的な方向を選んでしまいました。最速に近いシトロエンを堪能できたのですから良しとしましょう。(負け惜しみっす)

今度Xantiaに戻る時は、シンプルなハイドロニューマティックのSXにします。(笑)

投稿: S田@遠すー | 2006年5月14日 (日) 10時14分

savoyさん

二台体制に早く移行しましょう。(笑)
嫁も壊れない国産車が良いと言いますが、腰痛持ちなのでシトロエンのシートの良さは認めてくれます。(嫁が乗るときは長距離が多いので)

savoyさんのCX導入計画の復活を支援しますです。

投稿: S田@遠すー | 2006年5月14日 (日) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/10037604

この記事へのトラックバック一覧です: XantiaV6:

« GSAX3は着々と | トップページ | XsaraPicasso »