« XsaraPicasso | トップページ | 車のディテール »

2006年5月14日 (日)

GSAX3は着々と(続報)

Gsas2_1_1 AutoNeedsさんから作業内容の続報が送られてきましたので、こちらはエンジンが降ろされた状態ですね。

Gsas2_2 降ろされたエンジンはこんな具合です。

Gsas2 こんなになっちゃってますけど凄いですね。素人のS田が思うのは「こんなにバラバラにしちゃって、良くちゃんと組み直せるなあ!」という超素朴なものです。(滝汗)

|

« XsaraPicasso | トップページ | 車のディテール »

コメント

お!いい感じにバラけてますね〜
やっぱりシンプルでいいですね
某T車のエンジンなんて・・・・・・面倒くさいったらありゃしない

投稿: べるらん大佐っ! | 2006年5月14日 (日) 18時54分

大佐どの

現代のエンジンでは、こんな風にバラす事は非常に珍しい事なのでは?と思いますが、30年以上前から製造されてるエンジンは、こんな風に時々はオーバーホールしてやらないといけないのでしょうね。
今のエンジンは可変バルブタイミングとか?色々複雑なんでしょう?そういうのも技術の進歩ですから素晴らしい事だと思います。スバルが水平対向エンジンを何時まで続けられるのか?なんて事も心配になります。

投稿: S田@遠すー | 2006年5月14日 (日) 22時06分

たしかに現代のエンジンではそこまではばらさないかも知れませんね。まぁ大佐の場合は仕事でエンジンの分解組み立ての教育なんかもしてるんでばらさなくていい所もばらしてます

投稿: べるらん大佐っ! | 2006年5月14日 (日) 22時55分

大佐どの

現代の車でエンジン本体で修理したりするのは、タイベル交換ぐらいでしょう。(一般ディーラーさんでは)
スペシャルチューンを施すショップなんかでは、色々やることあるのでしょうが…。

投稿: S田@遠すー | 2006年5月15日 (月) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/10063820

この記事へのトラックバック一覧です: GSAX3は着々と(続報):

« XsaraPicasso | トップページ | 車のディテール »