« 窓落ち顛末記 | トップページ | 月川温泉 »

2005年12月 1日 (木)

南信州へライフターボで

 この前の土曜日、嫁の実家で法事(義母の三回忌)があって、その後義父を元気付けるという目的で、一族郎党うちそろって昼神温泉のすぐ近くの温泉に行ってきました。本当はXantiaを使いたかったのですが部品が間に合わず無理、やむを得ずSaxoでと思ったのですが、年寄りが乗るのに2ドアと乗り心地の面で嫁から却下され、最終的にはいつも嫁が乗っているホンダ・ライフCターボを使うことになりました。

 往路は、殆ど高速道路を使って旅館へ直行、翌日は妻籠から土岐のアウトレットモールによって帰るというコースで、結構山道も走ったのですが、まったく不満などなくこれで十分じゃないのという感じでした。(シートがもうちょっとだけど)しかも高速料金は安いし、燃費も良いですしね。燃費は累計データしか見てなかったのですが、出発時が14.3kmだったのが帰着時には14.8kmになっていましたので、この2日間に限れば16km以上は記録していたと思います。(3人乗車と荷物満載)

 高速でも、ぬふわkmは楽々だし、ターボのおかげで静かなんです。山道の上りもほとんどストレスなくこなしますよ。でも、ターボなしは駄目ですよ。車のことは良く判らない我が家の嫁でさえ、点検中の代車のノーマル車に1日乗った感想を「ターボじゃなきゃ駄目ね!」と言い切りました。すごく重く感じたようです。S田が購入時にターボに拘ったことを始めて見直してくれたみたいです。購入時に、ノーマルエンジンのFタイプと、ターボのCタイプで迷ったのですが、値段がほぼ同じなら絶対ターボだと押し切ったS田の言う事を聞いて良かったということです。

 ただ、最近ホンダはライフのマイナーチェンジとともにCタイプのターボをカタログから削ってしまいました。本当にお買い得で、どなたにもお薦め出来る車なのですが・・・。残念!

|

« 窓落ち顛末記 | トップページ | 月川温泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/7413536

この記事へのトラックバック一覧です: 南信州へライフターボで:

« 窓落ち顛末記 | トップページ | 月川温泉 »