« FBM報告(10) | トップページ | ルノークリオ3 »

2005年11月 1日 (火)

シトロエンC6

03C6 今回のネタはnodaさんのブログの美しい写真に影響を受けまして・・・。
東京モーターショーが開催されていますが、S田は残念ながら見には行けません。一番関心のあるシトロエンブースでも一際注目しているのが、C6です。ぼちぼち、本国でも発売されるようですが、1号車はフランス大統領の専用車に納入される(された?)ようです。XM/Xmの後、ブランクの空いていたシトロエンのフラッグシップが復活です。(写真はWebCGより)

 C6はまだ写真で見るだけですが、良いですね。3~4年前からシトロエンのチーフデザイナーに就任したジャン・ピエール・プルーエは素晴らしい力を発揮してくれています。彼の仕事は、C5のビッグマイナーチェンジから始まって、C4、C6とシトロエンファンを納得させる作品を続けています。聞くところによると彼は、古いシトロエンが大好きだそうで、プジョーとの合併以来、新車を出すたびに「昔の車は良かった。」「今のシトロエンのラインでは乗る車がない。」と言い続けられてきたファンの小言の封印に成功したといえます。彼はシトロエンファンの求めるツボを熟知してますね、それプラス、デザイナーとして顧客の求める以上の結果を出す事が出来ます。「これなら文句ないでしょ!」と自信満々でいる彼の顔が見える気がします。

08C6  C6はCXからデザイン的影響を強く受けていると思いますが、この写真からみえるリヤウインドウの凹面処理が特にそれを感じます。新しいダブルシェブロンをモチーフにしたフロントデザインは、当面ある程度の大きさ以上のシトロエンの共通の顔としてブランドイメージを強力に主張していくのでしょうが、慣れてくると普通に見えてくるから不思議です。

 デザイン以外では、やっぱりハイドロが気になります。C5のハイドラクティブⅢから更に進化を遂げているはずですから、その実力がデザインに負けないようにアップデートされている事を思い切り期待しています。

 C6はちょっと競争相手のいない独特なビッグサルーンとして結構売れるのじゃないかと思います。ミニバブル気味の印象も出てきた日本では、古くからのシトロエンユーザーだけでなく、新しいちょっとバブリーな人達にも面白い選択として受容れられるような気がします。

 後は値段次第ですが、C5の3Lよりどの位高くなるのでしょうか?200万円up程度で収まれば競争力あるんじゃないでしょうか?

|

« FBM報告(10) | トップページ | ルノークリオ3 »

コメント

s田様

確かにC6の実物を見た時に私の数少ないシトロエンの知識の中でもCXを思い浮かべました。
売れるか売れないかはやはり値段ですよね、自分には手の届かないことは判っていますが。

>志都呂町
以前から気になっていました、今回は行けそうにありませんが、都田は頑張って行ける様にします。

投稿: noda | 2005年11月 2日 (水) 00時25分

nodaさま

>自分には手の届かないことは判っていますが。
S田も無理です。元気の良いシトロエンを見せてくれる事が一ファンにとっては嬉しい事です。

志都呂はどの位集まってもらえるのか皆目見当が付きません。まあ、出来るだけPR活動に精を出します。
都田でお会いできるのを楽しみにしています。

投稿: S田@遠すー | 2005年11月 2日 (水) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/6822811

この記事へのトラックバック一覧です: シトロエンC6:

» 今日の一台 「シトロエン C6」 [最速のBaby in Car]
会場にて、あ、これイイかもっと思った一台。 このデザイン日本にはないなー フロントだけに注目するとどうもボッテリしてる気がする(でかいのにFF?)が、全体で見るとそれもしっくりくる。 そしてルーフラインから流れる美しいリアセクションが絶妙。 その三角窓に微妙に「ルノーアルピーヌ」を感じるような・・・ シトロエン今までは興味なかったが、ムムム... [続きを読む]

受信: 2005年11月 9日 (水) 02時49分

« FBM報告(10) | トップページ | ルノークリオ3 »