« 山梨へ(2) | トップページ | TamTTD »

2005年7月 7日 (木)

山梨へ(3)

 マルスワインからは、今回の宿、湯村温泉の常盤ホテルに向かいました。石和方面から西へ向かって、甲府駅の西側を目指します。この時間帯(15時過ぎ)は、滅茶苦茶蒸し暑くてXanの外気温を示すデジタル表示は35℃を超えていました。

 今回の旅行で、山梨方面へ来る事になったのは、久し振りに妻の母親の出身地近くの雰囲気を感じておきたいと思ったからです。1年半程前に亡くなった母の話に度々出てきた地名なんかを確認してみたい気持ちもありました。

 泊まる所は何処でも良かったのですが、親戚で確か集まった事があると言う話と、S田の好きな山口瞳先生の常宿であったということで常盤ホテルに予約を入れました。迷うことなく到着したホテルは、予想以上に街中にありました。Xanで入っていくと玄関前には、3人もの若い方がお迎えにスタンバっていて深く礼をされてしまい、慣れないS田達はこっぱずかしくなってしまいました。さらにその内の一人の若い女性には、車の後退の誘導までされてしまい、平常心を失ったS田はもう少しで後ろの壁にぶつけそうになりました。(汗)

 玄関を入ると、大きな窓の向こうにご自慢の中庭が見渡せ、街中にあることを忘れさせます。山口先生は、とっても自然な感じのこのホテルの庭が大変お好きだったと何度も書かれています。初めて実際にその庭を見てみますと、力が抜けて伸びやか、何だか良く解らないけど落ち着くといった感じでした。

 通された部屋も、温泉も、もちろん料理も大変結構でございましたよ。S田の予約したプランは常盤ホテルで一番安いランクでしたが、十分満足できました。自分でもリピートしたいし、責任もってお薦めできる宿です。老舗の実力、侮りがたし!というところでしょうか。

|

« 山梨へ(2) | トップページ | TamTTD »

コメント

山梨へ旅行されてらっしゃるのですね
北陸からは近そうで遠い場所というイメージです
スキーに行くとなると、どうしても長野止まりになるからでしょう(苦笑)
SAXOは雪道はへっちゃらなのでしょうか…?

投稿: macken-e | 2005年7月 7日 (木) 23時37分

macken-eさん

スキーは、20代の頃結構やっていました。ホームゲレンデは戸隠でしたが、仲間が酒好きな先輩ばかりでしたので、毎回スキーよりも酒を飲むことのほうが優先というパターンで、少しも上手くなりませんでした。
Saxoで雪道を走ったことはありませんが、少しパワフルなFF車と思えば間違いないでしょうね。S田の住んでいる地域では、ほとんど雪が積もらないので、スタッドレスやチェーンも用意してありません。ですから、雪道についてのアドバイスは説得力なしです。

投稿: S田@遠すー | 2005年7月 8日 (金) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/4866400

この記事へのトラックバック一覧です: 山梨へ(3):

« 山梨へ(2) | トップページ | TamTTD »