« ぎっくり腰 | トップページ | 山梨へ(3) »

2005年7月 5日 (火)

山梨へ(2)

 富士宮でおいしい焼きそばをいただいた後は、今日の宿泊先である甲府方面へ向かいました。朝霧高原を抜けていくルートは久し振りに走りましたが、相変わらず気持ち良い高原ルートでした。

 甲府盆地へ下りきって、今日の宿のある湯村温泉へ直行するには少し早い時間だったのでワイナリーへ寄る事にしました。数ある中でS田が選んだのは、マルスワイン/本坊酒造です。何故こちらに寄ろうと思ったのかというと、1升瓶ワインが各種あるという情報を得たからです。(1升瓶に入ったワインって面白いと思いませんか?)

 石和温泉のすぐ近くにある工場は、少しだけ迷いましたが何とか見つける事が出来ました。ツアーバスが何台も停まっていて、売店では試飲の列が大変でした。妻と娘に試飲はまかせてS田は品定めを優先しました。試飲用のワインの種類は結構沢山あったのですが、どれも妻と娘には甘かったようです。

2005_06_yamanashi0034_r1 そこで、辛口の白の1升瓶を自分用に、娘の彼のお土産用に通常サイズの白の辛口(ちょっと高級)を購入しました。折角来たのだからと工場見学もしておこうと地下のコースへ向かうと、団体さんがいっぱいで前に進めません。妻がすぐ目の前にあった扉に気付いて開けてみると、そこはちょっと高級な試飲ルームでした。客はだれも居ませんでしたが、すぐに年配の係りの方が出てきてくれ、「辛口のものを飲んでみたい」と図々しくお願いしてみると、快く何種類も試させてくれました。当然、妻と娘がグラスを回し飲みしたのですが、S田も2種類程、ひと舐めだけしました。こちらで試飲できたワインはどれもおいしかったとのことでした。係りの方に御礼を言って試飲ルームを出ました。追加購入も考えましたが、ネットでの注文もできるようなのでリピーターとしてオーダーすることにしましょう。本当になかなか良いワインでしたよ。

|

« ぎっくり腰 | トップページ | 山梨へ(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/4840330

この記事へのトラックバック一覧です: 山梨へ(2):

« ぎっくり腰 | トップページ | 山梨へ(3) »