« なぜXantiaV6か!(2) | トップページ | なぜXantiaV6か!(4) »

2005年6月 2日 (木)

なぜXantiaV6か!(3)

 やっとハイドロ・シトロエンまでたどり着きました。でも、Xantiaだけでなく、XM,BX、CX、にGSやDSもあります。

 S田は田舎に住んでいますので、古いハイドロではすぐ近くに主治医の居ない状態での維持は困難だと考えました。そこで、DS、GSにCXは厳しいだろうと思い今回は諦めようと思いました。でも、S田の理想のハイドロはGSなんです。大きさ、スタイル、エンジン、そのすべてが文句ありません。将来、ハイドロ修行をして自信が出来たら是非所有してみたいと思っています。BXはぎりぎり何とかなるかと思いましたが1台のみで通勤の足として頼りにするのは可哀そうかなあと思いました。大きさ的には本当にS田の希望するピッタリサイズなんですが・・・。

 残るはXMなんですが、ちょっと大きすぎること、より新しいXantiaのほうが維持が楽であろうということで、ハイドロ初心者にはXantiaが無難な選択だろうという結論になりました。前にも書いた小林彰太郎氏の影響も大きくあったのは間違いありません。

 やっとXantiaに決まったわけですが、そのシリーズのなかでもより高まった信頼性から後期の16Vモデルにしようと考えました。ハイドロ・ニューマティックかハイドラクティブⅡかは拘らないことにしました。どちらかに決めて捜せる程、中古車の数がありませんので良い個体があればどちらでもというスタンスでした。出来るだけ高年式で走行距離の少ないものを捜そうということです。 (またまた続く)

|

« なぜXantiaV6か!(2) | トップページ | なぜXantiaV6か!(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/4386337

この記事へのトラックバック一覧です: なぜXantiaV6か!(3):

« なぜXantiaV6か!(2) | トップページ | なぜXantiaV6か!(4) »