« Xantiaを探せ(1) | トップページ | 車検中です »

2005年5月10日 (火)

Xantiaを探せ(2)

この後、エリアを広げて探しても、希望に近い後期のXanはなかなか見つかりませんでした。一度火が点いてしまうと、突っ走ってしまいそうになる自分を押さえているんですけど、購入寸前までいってはしごを外されたような感じでどうも面白くないんです。あせらず冷静にとは思うのですが、今考えると間違いなく熱くなっていたと思います。

そんな時、ネットで面白そうなお店を発見しました。それは京都にあるAutoPallasという店です。シトロエン・プジョー・ルノーといったフランス車とサーブを主に扱うくるま屋さんです。その時は確か4~5台のXantiaの在庫があったと思います。その中で後期のものが2台あって、99年の16VExclusiveと98年のV6Exclusiveがあって2台とも色はグリーン(ベールベガ)でした。2台とも走行距離は5万キロを超えていましたが、整備記録はしっかり残っていて良く手入れされているとのことでした。過走行気味なので魅力的な価格設定だったことも大きな要素でした。何度かのメールのやり取りや、電話でお話をした時ににじみ出る人柄から信頼できる店だと確信しました。遠いけどこの店からXanを買おうと決めました。後はどちらの車にするかだけです。2台のそれぞれ10枚くらいの写真も送ってもらったのですが、色が一緒なので見分けがつかないぐらいです。V63000cc16V2000ccでは、性格がかなり違うのであまり迷う必要はないはずですが悩んでしまいました。当初より16Vに決めて探していたのですが、V6のほうが少し値段が安かったことと、035月に受けた車検時にびっくりするほどの整備がされていたこと、それと、私の毎日の走行パターンがバイパスでの高速走行がメインでV6向きかなと思えてきたのです。しかし、V6ならではのデメリットも多くあります。税金・保険が高くなってしまうこと、せまいエンジンルームに無理やりV6エンジンを押し込んでいるので整備性が悪い事、少数派なので部品も高くなること等です。

 結果的にはV6を選びました。正解だったかどうかはこの後このブログで報告することになります。お楽しみに。

|

« Xantiaを探せ(1) | トップページ | 車検中です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/4071872

この記事へのトラックバック一覧です: Xantiaを探せ(2):

« Xantiaを探せ(1) | トップページ | 車検中です »