« Xantiaの車検(4) | トップページ | Xantiaの車検(5) »

2005年5月24日 (火)

Xantiaの車検(4)-2

 (続き)で、電動ファンの話です。まだ残暑厳しいお盆休みの後、しばらくファン一個体制でしばらく走りました。

 AutoPallasさんにメールで問い合わせをしたら、ファンモーターの取替えはいろいろパーツをはずさないと交換が出来ないからS田ではちょっと難しいだろうということで、部品を準備しておいてもらって後日、持込んで修理をしてもらうことにしました。結果的には10月中旬までそのままで乗り切りました。S田の通勤パターンでは渋滞がほとんどなく、距離の6割ぐらいはバイパスで時速100km位で流れますので車の冷却には良い条件のルートです。朝・晩の涼しい時間帯だけなら水温も問題なくやり過ごすことが出来ました。(さすがにエアコンは使いませんでしたが) 休日の日中は使用せず、妻の車をメインカーとしていました。

 10月の中旬に休暇をとって一週間車を預ける事が可能になったので、交換時期のきたメインアキュムレータと一緒にAutoPallasさんで修理してもらいました。これで万全な状態になった思いました。

 それから約5ヵ月後の3月中旬、春を迎えて暖かくなってきたなあと感じるようになった頃、交換しなかった右側のファンが動いてないことに気付きました。いつ駄目になったかは分かりませんが、寒い冬には無用のクーリングファンですから気付くわけはありません。本当は片方が駄目になった時にもう片方も換えておいた方が良いのでしょうが、少しでも安く済ませたいし、こんな電気モーターがそう簡単に2個ともお釈迦にはならないと思うほうが普通だと思うのですが・・・。

 こういうところのパーツが弱いのがフランス車の弱点ですね。それで部品代が予想以上に高いときています。こういうボディブロゥが徐々に効いてきて、もう手放しちゃえと思うようになるのでしょうね。S田は6万キロオーバーの車をリーズナブルな価格で手に入れたと思っていますので、ある程度の維持費は最初から覚悟していましたので予想の範囲内です。それと、まだ一度も走れない状態にはなっていませんので。

 でも、壊れるのを織り込んでのファン2個なのでしょうか?1個駄目でも、もう1個あれば最悪でもお不動さまにはなりませんから・・。Saxoも小さい車なのになぜかファンは2個付いています。 おーーこわっ!!

|

« Xantiaの車検(4) | トップページ | Xantiaの車検(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106299/4264355

この記事へのトラックバック一覧です: Xantiaの車検(4)-2:

« Xantiaの車検(4) | トップページ | Xantiaの車検(5) »